やりたいことを見つけたい

40代女性転職うまくいかない原因を徹底検証|自分を知ってやりたい仕事を絞り込み、自分で立ち上げる。

投稿日:2017年6月18日 更新日:

40代女性転職希望。これを機会に自分を真剣に見つめ直してみる。

どこかの会社(企業、組織、社会)に属する(帰属、隷属)と、自分について考えることは、1日のうちほとんど時間を使えていません。
1日、女性は何について考えて、行動し生きているのでしょうか。
1日で、人間はどれぐらい考えることで、新しい物事(アイデア、発想)を生み出せるのでしょうか。

これは、数字化できるわけではなく、一人一人の思考での神経系が伝達する速度、強度によっても異なるのです。
自分を見つめ、自分で考えてみると、何かが生まれます。
そこまでなら、内面(内部、内側)のまま生まれたものは収束(処理、総合化、連合化)して、女性の中で気づかずに終わります。

そして、この頻度を増やしてみると、神経系は特殊なホルモンで、今持っている内部での情報(記憶、基盤となる価値意識)を壊し(ある意味否定し)ニュートラルにします。
自分を見つめる頻度が増えると、女性の内部での活動の刺激が増し、その分、内部で変化した世界(出力、見える化)は自分で気づける次元(レベル、気づき)まで持っていけますが、ここまで達成した女性(男性もそう)ですが、皆無であります(時代が変わっても適応できない)。

自分を見つめれば、自分の思ってる思考(価値観、意識)が分かるといっても、そこを一人で成し得るのは、困難で、自分ではなかなかできず、今の現状のままで、自分を見つめず、今のまま思考を停止したまま、生きていってしまうのです。
そうなると、次のような考え(価値観、価値意識)が湧き出てきます。

・今のままで生きていけるなら、それが一番いい。
・毎月給料貰えて、生活できるなら、今のままでいい。

この反応は、40代女性がやる気がないのではなく、意識が悪いのではなく、この思考(価値観)になるのも無理のない状況(環境、現状、要因)があるからです。

それは、世の中がシステム化され過ぎているため、女性が転職について考えたいのに、自分を見つめて、次の仕事について絞り込みたいのに、自分を見つめることが実現できません。
40代女性が転職を考えるというのは、それだけでも女性にやる気がないとは言い難いですし、次の将来を考えるからこそ、転職を考えるのです。

参考記事;40代女性転職を考えたとき知っておくべき知識。

しかし、悲しいことに、多くの女性は転職をしても、そこが納得できる仕事でないと思っている(そのように経験した)女性が大半です。
女性は転職に期待し、転職活動して、転職したのに、また不満が生まれ、女性はいつもと変わらずにいる自分が嫌になってきます。
もともとの女性の性質(現代的女性、女性の現状)は、自分が存在せず、自分以外の誰かに自分の存在の代わりをしてもらい、大きな枠組みで自分を外から見て、自己像を社会に通し、属する傾向があります。

転職してもうまくいかないのは、自分を見つめる時間が取れないからで、自分を見つめるというのは、物理的時間(多忙であるかどうか)よりも、自分を見つめるための、世の中のシステム自体が自分を見つめるようにできておらず、そこから変えてあげる必要があります。

40代女性が転職しても困らないように、自分を見つめる機会を、本サイトでは、女性が安心して生きていけるような仕組み作りをしていきます。

 

 

2.就職、転職。雇用される立場を哲学する

 

学生を経て、就職しほとんどの人は企業の属する。
以前の社会と違って年々給与が上がることはなく、お金の話はタブー(禁止、禁忌)。
大企業であっても、離職率は年々増加し、雇用されるより、雇用する方が困難な時代(社会のバランス、人口バランス)であることを理解しましょう。

この雇用と被雇用の関係性だと、雇用される給与は増えるのが、バランス(均衡、平等、等号)ですが、現状は給与は低下しているのです。
雇用する側(企業側、供給側)は、給与を上げないといけないのに、それができない経営状態であります。

これは、社会通説となった雇用させるのが常識とし、事業を起こすのは、特殊な人(男性が中心)だと考え、女性は今の仕事が嫌になると、他の仕事(企業)に転職しようと考えるのですが、ここに女性がいつまで経っても、充実感幸福感が手に入らない要因があるのです。

なぜなら、自分を徹底的に見つめることができていないので、前回の就職(転職)と同じ考えで行動(行為、実践)するため、同じ現実が待っています。
雇用する方が今は人が集まらず、困難な状況というのは、女性はやり甲斐(やりたい仕事や業務内容)でなければ、正規雇用でなく、非正規社員(契約社員、派遣契約、パート)を選んでいる証でもあります。

お金だけでは、女性は仕事を選択しなくなっている。
女性はやりたいことを求めている。
やりたいことは何であるのかを自分を見つめる時間がないため、そこまで真なる自分と出会えず、諦めている。

就職や転職。
どこかの企業に勤めていたら、安定し、安心して生きていける時代はもうとっくに終わっています。
時代は、西洋(ヨーロッパ)から始まり、社会主義、共産主義、資本主義と連続性を持ち、進行してきました。
この時代の展開で、仕事というスタイル(形式)はまったくなく、19世紀後半に英国で起こった産業革命からは、単純な手作業か単純な機械で操作する労働が中心でした。

このスタイルは、今でも変わらないのですが、単純な作業の仕事を女性は好まず、すぐに辞めて(離職)いき、雇用側は人集めに苦労しているのですが、産業革命以後から始まった今の労働形式に限界がくることは、決して特殊な事実ではありません。

そこで、迅速にやらなければいけないのは、就職と転職する発想をやめることです。
女性が今の仕事に不満がある。
それは人間関係からくることもあるでしょうし、業務自体が嫌になっていることもあるでしょう。
時代の時間が進行し、デジタル化して影響も少しはありますが、そもそもの現実が現実となっただけで、空想だったかつての社会構造、年々給与が増えていくということが、あり得ないものなのです。

思考の中に、仕事イコール就職。
仕事が嫌になると、違う仕事に変わる選択の転職。
この思考が介入できないで、次の展開が勝手に選ばれるのは、構造上の問題がそうさせていたのです。
これは社会が作ったシステム(体系化、組織化)だからです。

スマホからショッピングする行動を思い描いて欲しいのですが、Amazonや楽天で買いたい商品を買うと、すぐに見つかれば数分で済むでしょう。
スマホやネットがなければ、営業時間内に実際の店舗に出向かないといけません。
今は、スマホやネットがあるため、それはしなくても、早急に欲しい商品は手に入ります。これが、システムです。
欲しい物が想像されたら、先行してネットで調べる間、他の選択の余地はなく、意識(意志、計画)はシステムに奪われています。
このようにシステムが過度となると、実際の店舗で商品を陳列し、人を雇い、家賃を払うことは否定的になり、これから店舗がなくなっていくのは、近い未来そうなるだろうと予測されます。

システムは、それだけ一つの選択しか見えず、それ以外はないものだと思ってしまうのです。
システムは、開始と終了(結果、成果)がほぼ同時に起こるため、その間に他の選択があることに気づけなくなるのです。
仕事は雇われるもの、仕事を変えるのは転職だと考えるのが、システムになっています。

このシステムは、近いうち破綻します。
仕事が雇用維持できず、運営が不可能となるのです。
ビジネスとして、現在のマーケットで求められても、雇用が維持できなければ、廃業するしかありません。
一つの業界でこの雇用の問題が発生し、廃業が続くと、同業界全体のマーケット縮小になり、失業のリスクは高まるのです。

本サイトが女性に自分磨き、自分を見つめる時間を提案します。
就職、転職にすぐ結びつけてしまう、脳(思考、神経系、価値観、不安と焦り)のシステムを壊します。
そこで使用するのが、実践的哲学という方法です。
個と個の関係にし、過去を引用せず、生まれた想像から非連続にして、新しい概念にし、自分がどう考えてるいるのかを知ってもらう介入です。

参考記事;
実践的哲学サイトコンセプト

自分磨きのための哲学

転職女性40代女性転職うまくいかない理由

 

3.女性が個として生きやすいシステムにする

 

世の中は、組織化(体系化、系列化、システム)で運営されており、女性が中心時代が来ても、システムという見方(目線)は外せない要素です。
システムを女性が理解するのが、非常に困難で、挫折しやすい部分であります。
システムを分かりやすくご理解頂くために、女性が生きるためも手がかりにしている身体(内在する神経系、神経物質、ホルモン)は、感覚的に断片化した一つに感じる感覚を知覚にして、女性は自己を築くために活用しています。

実践的哲学で、女性の身体を解体し、構造体として、要素にまで分子にしてみましょう。
女性が生きるために、感覚(覚醒、欲求)は、自己をどれくらいの運動、それは細胞同士を連結させる神経系が作動する運動の速度や強度と向き合い、調整しています。
この感覚を見つめると、そこには感じ取れないほどの膨大な感覚情報があることが分かります。
感じ取った感覚は、その膨大な情報の一つで、次に感じ取った感覚はまた違う感覚情報であり、違う知覚です。
これが、システムであり、先ほどの知覚された感覚は、今はないのかというと、そうではなく、身体の細胞として運動を止めずに動いています。

システムについての理解

女性は、このシステム(組織化、体系化)を素直に見つめることに苦手意識的を持っていて、全体になっているところに潜む部分を見るのは、とても難しいと思っていて、女性が会社の属し、システム内の歯車の一部でしかないという事実が見えてこないのです。
見えないし、見えてこない
見ることもできない、もし見えたときどうなるのか考えられないから考えたくない。
女性は、自分らしく生きたいのに、それが実現できない現実に悩み、自分に対して嫌悪感、イライラ、憂鬱な感情を持っているのに、そこが解体できないのが女性の弱さであります。
参考記事;世の中の構造がもう変わる!労働でお金は得られない。人にやりたいこと。人に喜ばれることを作る。

女性が充実し幸福を得ながら生きるには、マーケットと言われる市場で活かせるアイデアを表現に変える必要があります。
マーケットで自己を承認してもらえば、家族の有無、友人関係、学歴や経歴など、今日まで社会が評価に活用していた判断基準が使用不可となり、マーケットで女性は独り立ちができます。

男性からとやかく言われる必要(筋合い)もなくなり、女性が真剣に生きたことが、時代に合ったアイデアとなり、そのまますぐそのアイデアがマーケットで表現され、価値のあるお金に還元されます。
そうなれるように、システムを理解しなければいけません。
マーケットで、今日のような労働で自分の時間を失っているのは、非常に危険な(リスク、不安定、不安)選択なのです。

システムを理解するために最も適切な題材は、女性が所有する身体(肉体、体)を見つめてみるといいでしょう。
身体はシステムで生きている(生命)表現が実現(実行、実践)が活動でそのまま出力されています。
朝起きて、トイレに行き、キッチンでお水を飲む行為、これは身体がなければ成立せず、この行動を活動といいますが、身体は生きることを同時に進めていきます。

身体の内部の各器官が機能(運動、循環、免疫)しているから、身体は朝起きてからのルーティーン運動パターンが果たせます。
システムを理解するには、身体の内部にどんな器官があるのか、その器官は身体を運動(活動)させるとき、どのように運動を各細胞(セグメント、区画化)で繋がりがあるのかなど、基礎医学の書物を探し、調べないと理解できません。

身体はシステム
システム内部には、各器官がある
各器官はそれぞれ独立した機能を持っている
システムを知るには、この各器官を知らないといけない
女性が見つけ出す未来の活動も同じく、世の中の運営を実践的哲学で各器官を出していく

女性が選ぶ(選択)未来の活動には、二つの各器官(選択肢)があります。

1,雇用され、自分の時間が喪失した労働

2、雇用されず、自分のやり方(概念、コンセプト、実践的哲学)でマーケットに立ち向かう

この二つとなりますが、マーケットでは2番は約1%しか入れません。
すなわち、必然的に1は99%となりますが、比率からしたら99%の方が多く感じますが、99%の内訳では、これからIT(システムをロボットが奪う)が人間の労働を剥奪することを考えると、約30%分の労働枠になり、それを99%で分配するので、賃金は大幅にカットされるのが確実となっていきます。

労働は、社会にとってシステムで、女性の個にとってはシステムではありません。
生きる時間を推定に、労働は女性のとってシステムになっていません。
労働は辞めると、お金が入手できないからです。
女性が選ぶものは、すべてシステムになっておらず、労働をすると永遠に労働しないとお金が手に入らないのであれば、生きるという身体のシステムを活かせず、浪費(非消費、疲弊)するだけで、女性は一生かかっても、充足感幸福感は得られないのです。

 


本サイトでは、女性がマーケット1%の枠組みを獲得した女性にしか、充足感や幸福感が得られない事実を実践的哲学で証明しながら、自分磨きや知的さ磨きをして頂きます。
システムは身体が無意識に朝起きれるように、自然発生(自然現象、自己知覚)され、各段階を知るには、差異(さい、隙き間、襞)を作成しなければ、見えてきません。

マーケットであなたの身体(内部運動、内面)から生まれたアイデアが商品化されると、マーケットはシステムを要求してきていますので、あなたと共にシステム化できるまで、実践的哲学からプランニングしていきます。
システム化できると、あなたがいなくても、運営されていきますので、あなたは自分の時間が作れ、自分に余裕(ゆとり、余白)ができ、さらにまたマーケットについて省みる機会が生まれ、お金に困ることがなくなっていきます。

1%のマーケットを検証し、独自性を磨き、アイデアを生成し続けるシステムは、実践的哲学から生まれます。
実践的哲学は、日常にはなく、非システムであるために、人は思考を運動させても、すぐに終焉し、思考が停止し、神経系の興奮作用も起こらず、思考は成長しません。

女性が個になるために、実践的哲学で一度しかない有限な生きる時間を充足感や幸福感にしていきましょう。
実践的哲学にご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。
お問い合わせ

実践的哲学を日常化したいなら、哲学性を磨く有料メルマガで。
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

関連記事;

実践的哲学サイトコンセプト

自分磨きのための哲学

5年後の求められるアイデア|仕事を辞める前に考えること。

女性がうつ病になったときの対応に関する記事;

うつ病の女性のための哲学

うつ病解決方法|ホルモンバランスオキシトシンでうつ病を解決でき体質性質まで変わる。

実態させたうつ病の原因を見つめる|心理学的治療うつ病改善遅くする。

心の疲れ慢性化うつ病うつ症状が人間を悩ませる。

女性専用哲学サイト女性の心うつ病の症状を改善。

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-やりたいことを見つけたい

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.