一日一言。心を磨く優しい言葉

女性が欲しい幸せを感じる生き方とは?

投稿日:

女性が欲しい幸せ。女性が理想とする幸せと生き方。女性の本音の幸せとは。

学生時代は就職し、安定した仕事に従事する目標で、女性として安心した、女性として安心できる生き方が手に入ると思っていたけど、今となればそのようなことはないんだなと、痛感する日常。

今以外の生き方があるのは、心はそのように示さないけど、神経系が連動する細胞同士のネットワークから女性の心でなく、身体に向かっての伝達経路では、他の生き方を女性に提案(提唱、提示)してきている。

心は分からないのに、身体は知っている。
私(女性)は知的さがないからと、このような記述を身体は反応し、興奮するのに、心は扉を閉め、知っている世界にしか手を出そうとはしない。
心は女性に何をさせたいのか。
心と身体は、どのように繋がりを持ち、女性に幸せという女性が安心できる生き方を見せてくれるのか。

心を動かすことは、小さい頃から実践してきている。
心が本当に存在するのかは、さておき、心を女性はあるもの(物体、非有機体)として解釈し、心を自分の核とする。
心が見えなくなると、心が励ませれるような言葉を探し、心が安心(安定)したと思ったのなら、その日の晩はゆったりと眠れる感じがする。

こうして心に働きかけると、心以外の自分(自己表現、自己認識)がどこかにあるんだと分かってくる。
それは何であるのだろうと問うには、今の女性には知的さ(知識、神経系の選択性の領域の幅)が足りない。
心と身体について。
女性の生き方との関連。
これが、女性は一番知りたいと思う反面、知的さが不足する自分の自信のなさを認識しているから、見たいけど見たくないというこの狭間(隙間、二項対立、否定性の哲学)で心は抑圧により、またも心の扉を閉めていく。

命題は、女性が欲しい幸せな生き方とは何であるのかという問い。
すぐに、女性が求める生き方を導き出すのは、難しいのは十分に理解している。
現に、日常的に女性の幸せ、女性の生き方について考える相手(他者、他者女性、他の対象)が今まで生きてきて、出会っていないのだから。

このように、寄り添うように、私の心の側まで見つめてくれると、運動が起きているような温かさが出てきた。
ハードなランニングでなく、心を無にして、自然の木々に中を、木漏れ日を木陰からチラッと見える公園を歩いているときのように、身体にじんわりと温かさ(エネルギー供給が運動に変換し代謝させるときの熱量)が感じた。
誰かにこの感覚を伝えたいとは思わないで、自分が感じて、この感じ(感覚、身体知覚)が自分の中で、温かさはいつか消えるという身体の真実にも落ち着いて考え、それを自分でも、予測し予想もして、むしろ温かさが消えていく過程も追っていける感覚。この存在感が、幸せへに道ではないのだろうか。

長い間女性を支えてきた心は社会的な圧力(権力、立場、身分)を担い、心は疲れ、心は弱音でさえ吐けなくなった。
心は十分に、働いてくれた。
心は社会の泥(沈殿、汚れ、悪、弱さ)を引き受けてくれた。
女性は心があったから、男性社会で男性優位の視覚(視姦、セクハラ、パワハラなどの男性都合)にも耐えてこれた。
心が吸収してくれ、心は女性の身体を守ってくれた。

心は女性の生き方までは提案できず、心は女性の幸せまでは保証(保障)してくれなかった。
それのそのはずで、心は女性の幸せを導き出すまでの運動性を持たず、心はそのような領域まで世界を広げる容量(キャパシティー、世界観、導き)がないのだ。

女性は素直だから、今でも心を通じて、女性の自己なる幸せを探そうとしている。
女性は素直だから、他者の女性にはそこまで見せず、自分の領域を自分で守りながら、女性は心を優しく包んでいく。
心から女性の生き方を見つめる。
心から女性は幸せを感じ取ろうとする。

時代の流れが時の鐘を鳴らすように、女性に導きを発している。
時代の流れによって、自己表現というもの(内部から生まれる出力)は変わるんだよと。
時代は誰が語ってくれるのだろう。
時代は非人物。時代は非有機体。

だけど、真実は有機体で生きている人間の生物的作用の痕跡は、人間に残されるわけでなく、時代のあるスペース(空間、弾力のある空想、幻想より神秘で、現実より未来に近い領域)に残されていく。
時代のスペースは、非心的。
時代と時代を無機質に引き継いでいくだけの過程。
時代はその役割を遂行(実行、実現、変化)させるために、人間、他の動物、微生物から生の情報を集めている。
すべてそこは活動するという運動性から、時代は多種多様の運動性で発生した揺れ(動揺、バランス)を大地を通じて感じ取り、複合から単体へ、多面体から単面へ、分解し、解析し時代はすべてを分子化させていく。

人間は時代から見ると、一般的に認識(理解、価値観、そうだとしていきたい固定概念)する人間とは見ていない。

人間が偽善的に行う親切心を時代は評価しないし、そんな人間の行為を時代は痕跡ともしない。
すなわち、認識上の現前した視覚中心の物事を時代は把握しない。
人間はこの認識を人間だとして、認識に何かをしようと必死になっている。

 

 

女性幸せに女性幸福に女性安心して生きる

 

女性の本音。幸せと思ってる女性は皆無。女性の幸せ理想は現実的なのか。

上記に記述しました心と身体についてですが、女性は心と身体のどちらに重きを置くのかは、身体よりも心であります。
身体論(身体感覚、身体認識)は、この5年以内から開始され、女性は現在、葛藤期間に入っています。

身体論は、幸せ(幸福感)を経由することなく、マスメディアがビジネスに発展するために、特異的な因子を身体に与え、それで身体はマスメディアの発信(人間が装飾したコンテンツ)で女性が知っている実感のある感覚神経とそれらを活動レベルまでセンシビリティにする知覚が加重(積み重ね、蓄積、経験)しないで、女性の身体はマスメディアに寄生しています。

幸せを感じるのは、心なのか、身体なのか。
この問いは、20年後に時代としては、余波を感じ取るまで時間がかかり、現時点では、かなりハイレベルですが、本サイトでは、女性に知的さを磨いて頂き幸せの居場所を探して頂きます。

参考記事;充実感幸福感は1%の確率|1%の知的な概念ビジョンで女性は自立し不安なく生きれる。

このままでは、女性は幸せにはなれません。
または、女性は幸せの場所を誤り、幸せがないところに幸せを置こうとする。要は、女性自身が幸せでないのに、幸せと思うしかないと思ってしまい、それが心での不安と焦りとなって、早とちりで解答を出してしまいます。

女性:私は本当に幸せなの?
:そうだよ。十分幸せだよ。これ以上何が必要なの?
身体:身体に意識がないのに、何が幸せなのですか!身体が幸せの合図を出すのです。

女性:仕事したくない。今の会社が嫌で、人間関係が辛い、面白くない。
心:女性は弱いのだから、強い人に良い顔をしていたら幸せになれるんだよ。
身体:幸せは見えるところになく、幸せは身体の内部の感覚神経が作るもの。幸せは思うことで現れるのは本当の幸せではないんだよ。

幸せを導く言葉(言語表現、アレゴリー)

・安定
・安心
・同一化
・共有化
・永遠化

これらの意味を付随させた合理性は心に学習する隙間がないのに、言葉(パロル、ラング)を単独で運動して社会に発見(自白、お咎め)され、心は社会が出力する媒体となっていきました。

社会は女性の心に情報という負荷を与えてきます。
負荷を非運動性(本来は運動しないのに運動するものとする)の心に社会はすべての女性に同一化(統一化、全体化)という物理性で心を圧縮コピーのように、超越した枠組みで理解させます。

すなわち、心はその負荷以外を選べなくなり、心は受動的(受け身、受容、強要)に一つの見方しかない負荷を信仰するしかなくなっていくのです。

心が求める幸せは、緩みがない全体化
女性が幸せと感じるか感じようとするのかのボーダーラインは周囲の人と同じことをする。

心は身体を介さない異空間です。
心と身体を区別(区分、選択、選別)することができません。
女性に哲学的実践をしなければ、心と身体は別々となりません。
女性が求める幸せは、幸せでない、心中心で物事を捉え、物事から心をのぞき穴から見た世界が幸せだとする固定ページです。

女性であるあなたが今思える幸せの理想、現状、その幸せは存在しない幸せです。
女性が幸せになるには、身体を触れ、身体の感覚神経に興奮があることです。
興奮があると次は抑制が入り、これが神経系の運動と非運動の反復です。

心は運動性がないため、時代と共に合わされる幸せは変化が生じます。
幸せの形相(イデア)は時代と共に変わると思っていてください。
幸せは心で思ってはならないのです。
興奮と抑制が絶え間なく行われる心でなく、身体に幸せの存在があります。


参考記事;

女性のためのやりたいことをすぐに形にするやり方。創造から行動、実現へ。

新しい女性の美|女性心の健康を立ち直らせる

オキシトシンが心の不安をなくす。最新治療心の疲れを取りたい人に。

女性が悩む、心の疲れが取れない原因。思考の全体性がホルモンバランスを悪くする。

女性安心して生きる独自性を哲学で磨く方法。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-一日一言。心を磨く優しい言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.