一日一言。心を磨く優しい言葉

女性が抱える不安の解消の提案。心の不安がこれからやりたいことを分からなくする。

投稿日:

女性が思っている心の不安。仕事を変えるきっかけを逃してしまう。

女性が自立するために。女性が哲学をして安定したお金を得られるように。

仕事をしているときは、与えられた仕事に集中しているから、心の不安はなくなっているような気がしている。

ある瞬間、心の中の抑えられた空気が外に飛ぶ出すように、あなたは心から催促させられているような感覚になってしまう。

「今を何とかしなきゃ!」「今動き出さなきゃ!」
「私に合った仕事を探さなきゃ!」

と、自分でも本気なのか、本気でないのか分からない衝動が起こり出していく。
この衝動は、仕事中よく起こり、最近その頻度が頻繁になってきているような感じがする。

そのとき、あなたは心がパンパンに圧縮された感覚上の痛みが生まれ、あなたは自分であるような、自分でないような誰かが闘うのであった。

そこにいるのは、あなたしかいない。
デスクに座っているのは、正真正銘あなた自身だった。

こんな状態が、ずっと続くのだろうか、とそう思ってしまうと、この心の苦しみは長引いてしまう。

自分で明確に実感することができる。
このままいけば、うつ病になってしまうだろうなと。

特に、午後から起こることが多く、心の不安が大きくならないように、与えられた仕事に集中しようとして、とりあえず夕方になって、窓の外が夕方に近づいた様子が見られると、心の不安は少し解消する。

あなたは、ずっと仕事を辞めようと思ってきた。
求人情報を意欲的に見ていたこともあった。このままこの仕事を続けても、あなたにとっての未来がないのはよく分かっているから、早く仕事を変えようと思っている。

自分を見つめるということから、逃避している。
でも、これは本心でそうしているのではなくて、一人で考えようとすると、心が落ちてきてしまうから、止めている。

心が不安になって、もっと不安になれば、今の仕事を休みたくなってしまうだろうし、仕事中にしんどくなって何も仕事が手につかなくなると良くないから、一人で見つめることは、辞めようと思っている。

今の状況から抜け出したい気持ちはたくさんある。
やりたいことを見つけて、自分に合った仕事に出会えたらいいなって思っている。

あなたは、自分の心の不安を何らかの方法で、解消してくれる方法を探し、それを教えてくれる人に出会いたいと思っている。

今のままだと、心の不安から解消されなくて、心が病んでいくのが目に見えている。心が閉ざされていると、いつも何もかもが暗くなって、自分のことも何も見えなくなってしまう。

人は一人では生きていけないと、よく言われている。
それって本当なのだろうか。
人は、一人で生きていくものなのではないのだろうか。

親しい友人といても、あなたは自分のために何かしてくれるわけでないことも、よく分かっている。
人は一人では生きていけないと世の中の人間関係の常識では、人を大事にするようにというが、あなたはその部分に疑問を持っていた。

その悩み、とてもいい悩みなんだよ。
人が生きていくことは、生命レベルでは今という瞬間を繰り返し、今が続いていく。

今が終われば、次の今が、前の今を押しのけようととするぐらい、次の今は早く動きたいのだ。
あなたが、ここ最近めっきり未来に希望を持てず、今を生きるというエネルギーが欠乏しようとしているよね。

それって、今という時間とあなたの心の不安から思考した悩みというものが認識させた形になって、今のにずっと残されているから、ずっと悩んでる感じがしているんだよ。

あなたが、求めているのは何であるのか分かったかな?
それはね、あなたが今に悩みの拠り所を一時的に預けたつもりが、そのまま長期化されてしまっているからなんだ。

あなたは、あなたから生まれた悩みをすぐに解消するつもりだったんだよね。
それが、拠り所の営業時間が終わってしまって、そこは事情があって休業してしまったんだ。

あなたが預けた悩みが、その拠り所から取り出せなくなったみたいだね。
今という時間は次から次へと流れのままに、時間の流れに合わせて、変化させなければならないんだ。

あなたが抱えている心の不安は、昨日の心の不安と今日の心の不安はもう違った形なんだよ。

それを、あなたは世の中の常識に合わせてしまったから、悩みを形にしてしまって、あなた自身でもその悩みがどんなものなのか、分からなくなっているみたいだね。

女性が抱える不安の解消の提案。心の不安がこれからやりたいことを分からなくする。

女性は心の不安があると思って、心の不安を解消させる方法を探しています。
心がどこにあるのか?女性は不安などの状態よりも、心がどうなっているのか、心がどこにあるのかなどの、根源的なところに目を向けると、女性は心を開き始めます。

しかし、あなたは心の不安を不安という見える化にして、見えるものとして考え、女性が興味を持っている心について、そこに目を向けられていません。

心の不安を考えることを、もう少し分かりやすくするには、ある方法を用いなければなりません。

その方法とは?

それは、哲学という物事、事象、世の中、世界、自然、人間などの諸項目を目に見えないところに立たせ、それらを解体する方法です。

女性が、いつも感心を持っているのは、あなた自身について、思考と行動の関係性、そして肉体、心の構造についてです。

その過程を通らないのに、心の不安という目に見えるところの諸項目というより、一つの論点を取り出して、悩んでしまうことは、心の不安をもっと強めることになり、あなたの心の負担はますます増えていくことになるのです。

心の不安を考える前に、心という構造に目を向ける。
もし、心という構造に目を向けることができているなら、哲学を実践していることになります。

この提案は、これから先の未来をあなたが世界に活躍できる機会が増えるという未来予想からと、これから先の未来がある一つのフォーマットに定められるという予測からも来ています。

これから先の未来に生きるには、哲学が必要となるのです。
その中でも、女性のための哲学です。

詳細;哲学で女性の生き方が変わる。女性の悩み、自信が持てない、将来が不安。これらは哲学が良い方向に導く。

これから先の未来は、二つの展開が、ほぼ確実にかなりの可能性で予測することができます。

一つは、女性が現在行なってる仕事のほとんどは、AIシステム(ロボット)が行なわれ、雇用がほとんどなくなるということ。

もう一つは、あなた自身の考え方(概念)が、世界を動かすことができる自由さが生まれるということ。

この二つが、今後の未来の世の中の構造となっていくだろうと思われる予測です。

そこに重要な要素となって介入させるのが、哲学であるのです。
もし、哲学をしなければ、今の世の中に受け身として、あなたが考えた概念は生かされず、生産的な生き方を棄てなければいけません。

どういうことであるのかというと、あなたは今、どこかの会社に属して仕事をし、そこで働いた分だけお金を貰って生活をしています。

あなたの概念は、一つも仕事に関われていません。
あなたが属する会社が定めた業務を遂行するためのルールに従って、それを守り、言われたことをやっているだけなのです。

提案や開発と言った部署もありますが、あなたという一個人が世界のシステムとなっているマーケット(市場、物の売買や価格設定が決まる場所)と直接関わり合っているのではありません。

資本はあなたが属している企業が出資しているため、あなたのアイデアがいくらその会社で発揮されていても、社内の業績のみで終わり、あなた個人のこれから先に繋がる未来のためにはなっていません。

このまま、受け身で仕事を続けるには、世界に対応しているわけではなく、あなたは自分のセンスを磨かないで終わっていきます。

今の状態がこのまま続くのならそれでいいこともありますが、受け身で行なっている仕事は、すべてロボットが行なうのです。

そのために、必要なのが、哲学です。
哲学だけが、あなたという個人を支える大きな力となります。
これから、今の仕事は確実になくなっていきます。
そのための準備をしましょう。そのために立ち上げられた哲学を実践させるサイトであるのです。

詳細;女性の将来の不安。想像力の曖昧さを哲学で明確に。先に立ててしまおう未来計画。

あなたの未来をモデルチェンジする時期が、残り少なくなってきています。
今から取りかからなければ、間に合いません。
今のままでは、仕事を失う運命に自ら入っていくでしょう。
あなたを変えるには、実践的女性のための哲学が必要です。

詳細;やりたいことを見つけ充実させる実践。あなただけの基礎概念を作る。

真剣に生き方を変え、安定したあなたが生産的になることで、お金を安定させたいのなら、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ

あなたを変えるための実践的女性のための哲学メルマガ。
眺め読むだけで、新しい概念になれる哲学メルマガ。
哲学のない本やネット記事を読むよりもコストパフォーマンスは最大。
詳細;有料メルマガ

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-一日一言。心を磨く優しい言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.