一日一言。心を磨く優しい言葉

ホルモンバランスを哲学で整える。オキシトシンが女性がやりたいことを見つける。

投稿日:

女性の心を癒すホルモンはオキシトシン

 

女性。ホルモンバランス。哲学で。オキシトシンとドーパミン

オキシトシンとは

オキシトシンは、女性を一生守ってくれるホルモン。
オキシトシンは、女性を癒し、心地良くし、女性の心を落ち着かせ、そこから潤いを持たせる。
オキシトシンは、女性の肉体と心をよく知り、理解している。
オキシトシンは、女性の肉体と心を内部からシンクロさせるのではなく、外部からシンクロというより、タグ付けのように各部位の構造を眺め見て、どんなところに皮膚、筋肉、関節、神経があるのかを見ていく。
オキシトシンはそこから女性のことを、ニュートラルに複雑化された内部からでなく、構造という外部から女性を見つめてくれる。
オキシトシンは、常に女性ホルモンと対立してきた。医学は女性ホルモンに着目して、女性ホルモンに女性の神経の中心があるとした。
そんなときも、オキシトシンはジッと眺め見ることという、自分の仕事に集中していた。オキシトシンは女性ホルモンほど軽くなく、オキシトシンは自分ができることを知っているのだ。
オキシトシンは、女性の全体像を先に見ている。それをリサーチした後、オキシトシンは女性の内部に入っていく。
女性ホルモンは、オキシトシンとまったく逆の選択をする。女性ホルモンは先に全体を見ないで、内部に入っていく。そうすると、女性ホルモンは全体を知らないから、特定の細胞ばかりに濃い体液を何度も放出させる。
女性の内部を構成する細胞は、女性ホルモンに合うようにできていない。女ホルモンは全体を見ないから、細胞にホルモンを放出させても反応しないから、悔しくなって、何回もホルモンを流してしまって、女性の婦人系の器官(子宮、卵巣、膣、肛門)は機能しなくなってしまう。

女性に哲学を入れるとオキシトシンが高める

哲学とオキシトシンが関連するなんて、誰も考えていない論理ですが、オキシトシンというホルモンの分子を解析すると、オキシトシンは人間をありのままの構造にしてくれます。

上記にオキシトシンの定義を、本サイトからご提案させて頂きました。
オキシトシンは、女性ホルモンと違って、全体から女性を見つめてくれると論理立てしました。

女性ホルモンはどこで作られているのかを見てみましょう。
女性ホルモンは、主に卵巣、副腎皮質で作られ、主成分はコレステロールであります。副腎皮質というのは、腎臓の横にある細胞群で女性ホルモンは、女性のおへそ周りから性器の間で作られ、放出されている局所的作用があります。

オキシトシンはどうなっているのでしょうか?
オキシトシンは脳の真ん中に位置する視床下部の後索という部位から生成され、神経と血液に分かれ、同時に全身に伝えられます。

女性の肉体は、これらの女性ホルモンとオキシトシンによって構成されているのですが、これらは対立関係となっているのです。

女性ホルモンは局所的作用
オキシトシンは全身的作用と部分的作用
女性ホルモンは血液のみを通る。
オキシトシンは血液と神経の両方を伝達手段とする。

哲学というのは、全体的構成を問いかけという刺激によって一つの要素とする実践的思考です。

この実践が、オキシトシンの作用と完全に一致するのです。
哲学をするというのは、オキシトシンを高める方向に導いていきます。

哲学をしないということは、女性ホルモンの機能のように局所的作用を全体的作用の誤作動(誤謬、ごびゅう)を作り出していきます。

これが、本サイトの女性に働きかけるビジョンであります。

オキシトシンは、全身の抗がん作用(癌を抑制する)、抗うつ作用(鬱を抑制する)です。
哲学とオキシトシンは、女性の内部で同じ内部運動を行ないます。
哲学は思考で内部運動を起こします。
オキシトシンは生命の源から各細胞の組織に対して未来に向かっていく神経系の内部運動を促進します。

ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
哲学したくなった女性はお問い合わせを

女性のために、女性の内面を新しい美のために哲学を日常的に取り入れよう。
本サイト有料メルマガはここからお申し込みを
有料メルマガ

有料メルマガを読むと次のような効果があります。
有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

 


女性の魅力を作り出す哲学とオキシトシン

 

女性を哲学で喜びと心地良さ、癒しを作る。
そのように女性に適切な哲学を入れる。

哲学とは、どのようなことを言っているのか。
哲学で問われたことをあなたは今まで生きてきて、一度も経験をしていない。

何て、もったいないんだろう。
哲学であなたに信頼のできる誰かが接してくれたら、こんなに落ち着いて、生きていれるなんて、なぜ今まで哲学に出会えなかったんだろうと、あなたは自分を責めるかもしれない。

もし、あなたが今まで出会っていなかった哲学を悔やんだとしても、そのように責めても、嫌な気持ちにはならないはずだ。

だって、哲学に今出会ったんだから、これから安定した生きる道が開け、新しい世界が広がるのだから、自責、後悔、悲壮など、一回は現われるとしても、哲学の介入方法で、すぐにそれらは、生きるという大地と同じフォーマットである平面的な思考の基底の一部となり、すぐに落ち着くだろう。

あなたは今まで世界に対峙する見方を知らなかった。
もう少し、適切な表現にしてみよう。
あなたの肉体の内部に隅々まで蜘蛛の巣のごとく広がっている神経線維の束は、哲学について知っていた。

あなたの体内の皮膚よりも下方に位置している神経線維という束は、あなた自身を横から見た幅、おおよそ15センチぐらいの肉体の中に潜んでいる。
あなたとすぐ側近で、あなたからすぐ近く、ほんの少しの浅層にある神経線維は、哲学を知り、哲学を実践していた。

あなたは、小さい頃から、周りの大人に自分の焦点を合わせることに大忙しだった。
あなたは知らないけど、あなたらしさと言われるあなたという人物はその一部でさえ知らないなんて、すごく冷たい言い方になってしまう。

けど、そんな言葉をあなたに投げかけることができる。
それは、哲学にあなたが今、ここで出会っているから、直接的な表現をしても、あなたは許してくれる。

冷たいと思われる表現が、あなたにとって、あなた自身とあなたの個性を生み出す神経線維を繋げる哲学的介入という方法となるからだ。

だから、あなたはそうして許してくれるんだ。
哲学のタブー(禁止事項、禁忌)は過去に今の焦点を当てることなんだ。
あなたを含め、大半のこの世界に生きている大人(成人、人間)は哲学を実践していないから、今の情景に集中できず、脳の前方に残されていた記憶の一部を頼りにして、そこに自分の意識を合わせてしまっていた。

これは、哲学という実践方法を、あなたは生まれてきてこの日まで、一度もそのことについて教えられたことがなかったんだ。

あなたは小さい頃、本当に忙しかった。まだ幼いのに、未熟な神経線維は、神経系というそれらを総動員できるシステムとなることができず、その頃聞いた言葉や周囲の大人たちの態度を見て、箇条書きのように一つ一つ覚えてしまった。

そこで覚えたことは、そうやって一つ一つが、それぞれ別々の事象(物事、形相)として、神経系のシステムに内在できず、そのままにして知として覚えてしまったんだ。

だから今でも、あなたは今という時間を捉えられずにいるんだよ。
今を追うと、あなたは違う世界に導かれてしまう。
それが今だと思っていた世界は、過去の記憶の一部の世界なんだ。

だからね、あなたが人に向かって話し出すと、人は固まってしまっている。
その人は、今を生きようとしている。
今を感じ、今から前進して、未来に行こうとしている。

だけど、あなたが話をすると、相手を過去に戻そうとしてしまって、相手はそのように行こうとしていなかったから、その相手はあなたが言った言葉に何も言ってくれなかったよね。

あなたは、その経験から、人のことを怖いと思い始め、あなたは人のことを理解できないって思い始めたんだ。

この話を聞くと、どことなくその情景が思い出されると思うんだ。
誰もがそうだけど、こうした人間に対する障壁という塞がれた間隔を経験している。
そのときの、相手との違和感をあなたは不快な感覚として、鮮明に覚えているんだよ。
その相手の反応は、あなたがその人に投げかけた話に過去の遺物が含まれたからなんだけど、あなたはそのことを知らずにいたんだ。

でも、この経験はあなただけがそうだったわけではなく、あなたにも他の誰かh過去のフォーマットとしてあなたに話をしたことがあったから、あなたもその相手を前にして固まってしまったんだよ。

お互い様とは言っても、決して良い経験ではないわけだから、その経験から関連させた観念は、あなたの中からなくなっていかないといけない。

その経験からあなたは、人間は難しいものなんだと説いてしまったんだから、今のまま生きても、一向に幸せになれないでしょう。

そして、さらにあなたは今の仕事が今、一番辞めるときであるのに、その決断に踏み切れないだろう。

早く今の仕事を辞めて、今のうちにあなただけの大地と同じフォーマットである内部の運動のシステム(組織体系)である平面を立ち上げないといけない時期なのに、あなたはそれができていない。

早くその内部で基底となる思考を一日更新で交換させていくサーバーを立ち上げて、あなたがみずから作り出していく、真理の入ったやりたいこと、やりたい仕事、やりたい活動を見つけなければならないんだよ。

参考記事;
女性が抱える不安の解消の提案。心の不安がこれからやりたいことを分からなくする。

誰にも言えない女性の悩み。女性同士の人間関係で鬱になり、心療内科に通院しても改善しない悩みを見直す。

疲れが溜まってどうしようもなく心が落ち込む。女性の心が楽になる心理学から哲学へ。

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-一日一言。心を磨く優しい言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.