一日一言。心を磨く優しい言葉

心の不安心の落ち込み改善女性が自立して生きるために。

投稿日:

心の不安を自立する意欲に変える。

心の扱いを知らずに生きてきた。
心は自分の中にあるものだと何の疑いもなく信じてきた。
時代が変わり、心の見方が変貌している。
以前、心はそういうものだと知られていた心に自分の意識を近づけてみると、そこに心はなかった。

初めての経験。心と対面する折半詰まる緊急性なく生きてきた。
時代が変わり、このままの生きるスタイルでは、通用しない気がした。
女性の生き方。仕事をすることは当然から必然へ。
仕事をしてお金を得る。それが生活するために必須だと、このことを誰かに話すのなら、そんなことも知らないのと恥ずかしい思いをするのだろう。

女性が生き方を変える。本当に緊急性が出てきている。
会社の部署が次々に他部署に吸収され、コンパクトになってきた。
もちろんあなたの居場所もこれからどうなるのか予想もつかない。
これまでは、未来のこと予想できていたのかは不明。不透明。
女性が生き方を考えなくて済んだのは事実。仕事はずっと嫌とは思っていたけど、今の仕事がなくなるよりは、仕事が嫌だと思っている方がまだマシ。

心が不安になっていく。
心のあり方を確かめられず。
心の所在地、未だ明らかにできず。

これか心はどのように向き合って、好きになればいいのか。
あなたにとって心はこの不安の重苦しい空気に耐えられるのだろうか。
心を確かめ、心の運動を明らかにしたい。

そうしなければ、生きることは、仕事をしてお金を貰うだけでは、成り立たない。
今から準備をしなければ。
心の運動を起こして、あなたが生まれたときから持つ潜在的欲求を確かめ、感じて、生かしてみたい。
今しかないのだろう。今やっておけば、未来のあなたが世界に向き合えてる自分の姿が伺える。心が網目模様の世界の時間と時間の隙間に、焦点を適合させ、心は喜怒哀楽を回復させ、心が世界に向かって肯定的な意欲による叫びを吐き出してる。

心の不安を意欲に変える。
それは、たやすく、手軽に哲学の手法で思考をフル回転させる。
あなただけの世界を自然が外包する世界の大陸を間近に備え、心は最大限に開き、心は震えている。

今心を肉体に一致させ、世界に挑んでいく。
あなたは今までそんな生き方をしたことがない。
恐いけど、前例ないことが価値があると、実践的哲学で分かったんだ。
恐れている場合ではない。自信があるとかないとか関係ない。
哲学でこんな意欲まで絞り込めた。いい感じだよね。
今走り出す。思考は準備し過ぎるほどに、歩くことをやめないとあなたに宣言した。

これで、心の不安は意欲に変え、あなたが望むように生きていける。
哲学の凄さ。哲学が引き出した淡白から潤いへ。
哲学をしてなかったら、未来の時間のスピードに粉々になっていただろう。
哲学をしていて良かった。哲学こそ生き方を変える。

 

心を高める。心を健康に。心の疲れ取る。

 

本格的に哲学をして、心の安定を作ってみよう。

上記の記述されているのは、叙情詩と散文詩と哲学を絡めた詩体です。時代が大きく変貌するこの嵐の前の静けさで、心が乱れ、心の安定がなくなっています。

時代が変化するとき、世界が一斉に今までの過去とはまったく違う運動をし、過去をすべて更新させる展開となります。

その瞬間までに、過去から継続した価値観の哲学で刺激をして、モデルチェンジすると共に、心の疲れを哲学によって適切な運動を作動させ、余白(運動しやすい遊び)を確保することです。

今世紀の締め括りの最大の時代の性質は、情報が誰の手にも平等に与えられ、それらが建て前では自由に所有できる現実となり、その流れが急速に進行したと言えます。
この平等とは、社会が権利として国民(大衆、民衆)に与えていますが、その反面、情報を自由化したのだから、それをどのように扱うかは、あなたに責任があると義務も同時に立てているのです。

哲学を実践して頂く経験の中で、あなたが自分で生み出す表現を知って、どれだけの出力できる表現の範囲があるのかを経験して頂きます。
生まれてから一度も詩体を出力した経験がないと思います。哲学を実践すると、意識に関わる神経系の出力の感覚から、無意識に関わる神経系の入力に変化を感じます。

現在までの生きてきた方式は、出力中心。
これから先の未来で主軸となる方式は、入力。

哲学を実践すると、体内の感覚に気づけるほどの変化と運動を感じ、見えなかった現在までに立てていた目的に真偽を問い、少し見えてくると現在まで培った目的は偽だったことを知ります。

すると、そのスリリングな内部運動は心の扉を開き、心は曖昧性から具体性に次々と休む間なく、体内に溜められた異物のようで異物でない、快楽から流れ出る流れ星のような光るものが放出したくなります。

それが、哲学を実践する魅力であり、哲学による未来をあなたの元に引き寄せるエネルギーとなるのです。

この記事を見て、哲学にご興味のある方は、ぜひご連絡ください。
今、嵐の前の静けさであります。
世の中はゆっくりと転回し、地球の公転、自転は情報化の迅速な隣人のザワつきを躊躇うかのように、嵐が起こることを予感させないで鎮静を維持したいます。

哲学を実践していたら、今の時間の性質を知ることができたのです。今のあなたにはまだ分かりません。
哲学を実践する前ですので、見えなくて当然です。まだ今はそれでいいのです。
嵐が来てからでは、不安と焦りが暴れ出して、心は動揺を制御することができません。
だから、哲学をするには、今が一番のチャンスであるのです。

哲学を実践して、未来を自分のものにしたいと思ったなら、第一ステップとして、有料メルマガをオススメします。
月額3,240円ですが、一般的に出版されている書籍では言えない言葉の連鎖を発信していきます。
スマホやパソコンだからできるのです。
女性は仕事、家事、友人関係、子育てなど毎日忙しい生活を送っています。送られてきたメルマガを少しの空いた時間に眺め読むだけで、あなたはあなたらしきいられ、あなたの個にとって唯一の独自な理念と概念による生き方とそこから導かれる現実の生活が大きくモデルチェンジさせることができるのです。

有料メルマガのお申し込みはこちらから
有料メルマガ

有料メルマガの効果はこちらに記事より
有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

哲学に関する参考記事は;

女性が取りたい心のイライラ倦怠感。心理学から哲学へ。

哲学で女性の生き方が変わる。女性の悩み、自信が持てない、将来が不安。これらは哲学が良い方向に導く。

ホルモンバランスを哲学で整える。オキシトシンが女性がやりたいことを見つける。

自分を真剣に見つめたい女性限定。やりたくてもやれなかった女性のための哲学サイト誕生

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-一日一言。心を磨く優しい言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.