一日一言。心を磨く優しい言葉

女性が悩む、心の疲れが取れない原因。思考の全体性がホルモンバランスを悪くする。

投稿日:

心の疲れには哲学の方法で全体性を解体。

女性の悩み解決。心理学から哲学へ。女性に合った関わり合い。

女性が心の疲れを溜め、なかなか取れない原因は、女性が自分ではそこに解決の糸口を見つけるには、さまざまな障壁があります。

その一つに、女性の内面は、外部から入る刺激は、体内に入るとストレスという物理的な負荷に変わるのですが、女性はそこに対応するのがとても苦手である性質を持っています。

これは、女性が男性と違う、女性特有の体内の構造からきています。
その構造とは、女性の体内で均衡を取ってくれているホルモンといわれる濃度の濃い内分泌液です。

ホルモンを理解するために、もう一つの体内の構造の大きな作用(器官とも言います)をご説明します。

ホルモンは、内分泌系といわれる言葉が意味を現しているように、濃度が濃いだけに、向かっていく対象がどの細胞でもいいわけではなく、ホルモンというのは特定の内分泌腺という細胞の集会所のようなところに向かっていく機能があります。

それに対して、もっと構造的に多様な運動を起こし、外部からと内部からの刺激に応じて電圧を少し上げるだけで、対象となるターゲットに伝達できる神経という電線のようなコードがあります。

女性の心を作る二つの要素
ホルモン;特定の対象に伝達する濃い体液。
神経;特定はなく、全体的に伝達する自由さがある。時には誤作動も起こす。

女性の心は、この二つの女性の内面を構成するホルモンは血液を通り、周りの他の細胞には目もくれず、特定の大好きで、完璧に一致する相手に向かっていきます。

(このホルモンから生まれる女性の内部構造は、女性が何かに対して好奇心があった物事に出会ったとき、そこにはまり込み、集中的に見つめ、いつもそのことばかり考えてしまうという思考に繋がっています。女性の心は一つの興味に集中的エネルギーを代謝させています。ここで、女性は思い返します。ある対象に心を揺らされたことを反復すると、その対象を変えたくなることがあります。自分で、女性は何かに気づいているのです。ホルモンによって、集中的向かっていく対象が女性の内部でなく外部にあると、そこに違和感を感じているのです。それは、本当の真の対象は、自分の中にあったということを、外部にある多くの媒体に手を伸ばした後に気づくのです。本当に知りたかったのは、私自身だったんだという真理、女性のホルモンはそこまで対象というものを特定するために一躍を買っています。)

ホルモンは、特定の対象であると、今は記述させて頂きました。

反対側から女性のことを長く見つめてくれ、ホルモンのように特定ではなくその反対の機能で女性を支えているのが、神経であります。
ホルモンとは、まったく性質の違う女性の内部で対極で女性の独自の世界を作ってくれているのが、神経といわれる伝達機能です。

神経というのは、人間を解剖すると目で見える形のある線(コード)として、実在したものとなっています。

ホルモンは、内分泌腺という細胞の一部にある血管に繋がる少し大きめの細胞の塊です。神経ほどは目で見てもよくわかりません。

そこから発生し、放出されるのも、ホルモンは血液の中に混ざっているため、分かりにくいものですが、神経は、向かっていく対象にまで線(コード)が道のように延ばしています。

そのコードは、解剖すると目で見え、その数は数え切れないほどに遠方(解剖学的には遠位といいます)広がってるいるのです。
特に、女性が生きていくために生命(心臓と肺)を支えている脳の一番中心の部位では、神経というコードは、網目のように蜘蛛の巣状態で、もし手で触れようものなら、その中に指は蜘蛛の巣に絡まってしまい、指が取り出せなくことになってしまうような構造になっています。

この網目の構造は、神経線維が延びなくても、細胞それ自体が強い神経の作用を起こすのです。
脳の中心から遠方の、例えば足の裏、足の指のような部位には、神経で運行する情報、皮膚のセンサーによって現在の状態をフィードバックさせるとか、筋肉を使うために必要な情報を予測させておくとか、そのような機能を作動するには、遠方にあるほど時間がかかります。

そんなことをしていたら、時間がかかり過ぎて、何かあったときに、迅速に対応できなくなります。

脳の中心にある神経線維が延びていく前の起始である網目のような細胞は、細胞に活性物質(神経物質といいます)が高まれば、全身に情報を送ることができます。

女性というのは、体内に二面性を持っていることになります。

一つは、ホルモン。それは特定の関心を持つ内部運動。

もう一つは神経。全身に強い対象を決めずに情報をなるべく早く伝達するという内部運動。

女性が抱えている心の疲れ。心の疲労。鬱のような心の急速に落ち込んでしまうような症状は、女性特有のものであることが、この女性の体内構造を見ることで分かるのです。

女性の心の疲れを早く取るには哲学的介入のみ

女性はお話をするのが好きでありますが、いいところまでいっているのですが、お話をしても何も満たされないし、かえって心の不安定感が増えてしまいます。

体内に広がる女性特有の二面性が、女性自身の起爆剤となって、体内のエネルギーを外に出したくなるのです。

それが手取り早いのが、女性の友人たちとのおしゃべりでありますが、それでは心の疲れは取れません。

女性の心の疲れを取るには、哲学的介入しかありません。

哲学的介入
利害関係のない男女を超えた他者から、あなたの内面について予測できた上で、あなたに対して問いかけを行う哲学的方法

 


この方法を実現させたのが、本サイトであります。
女性の内面で無限に広がりを見せる無限運動は、世界を動かすことを可能にするものですが、そんな構造と機能を潜在的に持ってしまった女性は、その二面性がまとまらないと、自分を攻撃する心の不安定感となってしまうのです。

世界の大半の女性は、こうした構造と機能を知らずに生きています。
女性は、悩みを抱え続け、女性の友人であっても、本音を話すわけにいかず、フラストレーションを感じています。

世界がうまく動いていかないのは、女性が自分の悩みをうまく制御できていないからで、この現在の世界には、どんな学問、学校、公共機関、医学、医療であっても実現できていません。

そんな女性のための心に向き合い、心の構造を知った哲学介入者が女性に向かって哲学的に問いを行ないます。

記事に挙げました脳の中心に位置する部位の名称は脳幹(のうかん)といいます。
本サイトが行なう哲学的介入による女性のための哲学は、この脳幹にスイッチをいれることになります。

脳幹というのは、記事にも挙げましたが、神経線維が延びている起始(きし)といわれるところとなります。
要は、細胞だけで強い運動が行なえて、全身の肉体に影響が与えられる機能のあるところです。

哲学は、そこを適切な問いによって目覚めさせ、女性が抱えている不安という問題を体内に残したままで、問題を生産的な無限運動に変えていきます。

女性が自立して、世界を動かす生産的なアイテムやサービスが確立できるお手伝いをいたします。
そうやって、人に喜ばれ、世界中のあなたを求める特定の誰かにあなたの概念を懇求されたなら、世界を適切に動かせる真理のあるお金が手に入るのです。

哲学に触れてみたいと思ったなら、本サイトの有料メルマガをお申込みください。

女性の不安を安定させる有料メルマガ

詳細;

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

参考記事;

女性が哲学をして自分を楽にして、安心して生きる。哲学が独自性を磨く唯一の方法。

女性の心が楽になる心理学から哲学へ。心のイライラ、倦怠感を生産的に変える実践。

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-一日一言。心を磨く優しい言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.