一日一言。心を磨く優しい言葉

ホルモンバランスを劇的に変える刺激|女性の生き方が変わり不安の根源のストレス軽減できる。

投稿日:

今のままでは、幸せになれない思っている女性への生き方をモデルチェンジ。

他者がいたら、相手に合わせて笑顔を発し、相手が愚痴ったなら、それに合わせて同調する。相手にためだと思って、気持ちに受容し共感してあげる。
でも、話が進行すると、つまらなくなっていく。

面白くないのは、よく分かっているけど、今とは違う他の生き方を知っているわけではないから、今のまま時間と他者に強要され、支配されるしかない選択は、女性は自分で納得してしまう。いや、それしか選びようがないから、このままつまらない気持ちで生きていても、幸せになれないと思える。

最近体調が良くない気がして、これからの生き方について考える余裕もない。
体調が悪いのは、ホルモンバランスの乱れから来ている。
生理不順がひどく、心の落ち込み、沈み込みが激しく、うつ病かなと疑っているぐらい。
どうか幸せになれる生き方を教えて欲しい。

女性の生き方女性が幸せになるために

生き方を変えるとホルモンバランスが良くなる。

上記のような悩みは、自分でも意識できないところで悩みが心の鬱血した静脈がドロドロしているようになっています。
自分でも見えないから、女性が持つ悩みというのは、自分でも自分の心にも手を伸ばせないと思うのです。

悩みが大きくなると、悩み事について相談する相手もいなく、悩みという膨大なエネルギーが女性の内面で強くなっていきます。
現在の自分の中の悩みは、今の自分と完全に一致(自己同化現象、自己認識喪失、鈍磨)し、どんな悩みなのか見えません。

そうこうしていると、時間は次から次へと進行し、女性は過去の悩みに縛られ、新しくなっていく時代に合わなくなるのです。
女性の生き方を変える。
生き方を新しくし、今までの自分の生き方を過去する。
今日までと実践(やり方、見方、取り組み方)が逆転している。
先に(先行して、準備的に)女性の生き方を変えるのです。

今までは、自分を変えるには、努力し、勉強し、自己啓発し、自己修養して、いつの日か変われることを信じ、蓄積してきました。
この方法(足し算による数式的考え方)では、多くの人(女性と男性)は挫折し、努力をやめていきました。

結局は、人間は変われないものだと性悪説(性善説でも人間を固定化する見方に変わりがない)のような現代教育が人間を弱者で括り(カテゴリー、区別、差別)、その生命体が非運動となったときに、道徳観を侵入させたように。
女性の生き方を先にモデルテェンジさせてから、新しくなったフルモデルチェンジした車のように、同じ車種でも違う車に見えるように。

今を崩せば過去が崩れる
女性は今を安心、安定させたいと願うばかりに、今を壊せない
見方そのものを変えてみよう。
唯一の方法しかなく、哲学性を取り入れ(導入し)女性を独自で固有の個性で構成した有機体(抽象的機械、生物的機械)にして、生き方を先に変える
そうすると、今が壊れ、機械は少し前しか見れないため、違う見方ができる。

今までの悩みが見え、自分で手を伸ばせるところに、生命体が沈んで固まり(塊、固定化)となった自分の悩み(ここは過去の内面的領域となっている)を見ることができます。

女性が自分で生き方を変えることは、莫大なエネルギーを使い、不安と焦りから、心の運動が停止して、逆に反作用から今の生き方に執着するパターンがあります。

だから、他の生き方を提案させて頂こうと思うのです。
今までは、自分の生き方を確認(同調、同感、共有、常識)を他者(同性の女性、社会人の男性、有名人)に依存してきました。

それを新しい生き方を提案され、今の悩みを確認するために、過去の生き方を通じて、自分(自分の悩み)を知るのです。
そうしているうちに、悩みが断片化され、悩みによって縛られていた、ホルモンが内分泌系を経由して、活動的になって、ホルモンバランスが調整できます。

違う生き方を提案される。
前回の生き方を客観視して悩みを知る。
自分の内面が分かって、ホルモンが活性化する。

女性の直観は実体化させ、それが現実となっていく。

女性のホルモンは、心象や図式という脳の中の組立図、これは神経系が促通(活性、興奮、活動)されたときに残した細胞で記憶したものが女性の内面の構造となる機能を高めてくれます。

女性のホルモンは、内面の状態を神経系に伝達すると考えることができます。
ホルモンの働きが悪いと、女性の内面ははっきりしなくなり、曖昧でボヤけてしまう。
抱えている悩みがなんであるのか、よく分からなくなるから、悩みが深くなったと思っているのに、その反面どうしていいのか分からないと思ってしまう内面が強くなる。

こんな悪循環が女性に多く発生しています。
女性の直観にホルモンが関連していて、ホルモンバランスが悪いと、神経系の伝達も悪いので、思考、感情、行動、活動も停止しています。

女性の直観は、この不具合にとても敏感です。
女性が自分で今日の体調や心情(心の状態、心の健康)がイマイチだなと感じたとき、女性のホルモンバランスはたいてい悪い状態であるのです。

女性の直観は、実体され、現実がそこに引かれて(導かれる、影響させる、流される)いきます。
現状の女性(社会上での女性の根源)は知的さがありません

参考記事;充実感幸福感は1%の確率|1%の知的な概念ビジョンで女性は自立し不安なく生きれる。

知的さがないとは、学校を卒業(社会人になって、大人になると)すると、新しい知識を自己に入力(インプット)する時間と余裕がないという状況(状態)が潜行しています。
今回の記述で提案させて頂きました女性の生き方を変える実践には、この知識を入力する要素が強く関連させています。
女性は感性が豊かで感覚的に優れています。
女性の直観ほど、どれだけ学歴のある、国家資格を保有する男性が対応しても、女性の直観に及びません。
それぐらい、女性は直観に優れ、直観を磨いていけば、女性が自分のすべてを対応(挑戦、実行、実践)する空間、マーケット(市場)は独自性を存分に発揮できる場所になるのです。

女性の生き方を変える。
先行して、女性には生き方の変更で、自信が持てなかった自分に自信を持ってもらいます。
そうしないと、女性の直観は世界の中心を動かせる力があるのに、それがいつまでもできないままです。

女性の現状。現実。
直観で感じたことをそのまま出力しています。
直観で思ったことを現実に移行され、本当に現実となり、幸せになれないと想像されたように、現実となるのです。


女性の新しい生き方を提案するのは、哲学からしかありません。
今まで生きてきて女性の現状は何も変わっていません。

それは当然のはずで、生き方が社会が作り出した偶像をモデルにしているからそうなるのです。
学歴、家柄、就職、婚姻など。
これらは、女性の生き方に本来は何も関連することはありません。
しかし、社会は女性を弱体のまま維持(保有、放置、差別)したいと思っています。
現状、社会はネットによる世界の情報が素早く手に入ること、生き方に多様化が生まれ、社会は個を集団化させる力を失ったこと、この二項によって、女性が考えるべき知識(最新情報、価値のある媒体)は社会でなく、マーケットであります。

その要素を明瞭に促進して、見つめ、女性自身に気づきを得てもらうために、実践的哲学が必要です。
本サイトでは、世界初、哲学ができるスペース(空間、領域、高い閾値)となっています。
哲学を実践すると、かけた時間分、すべてが女性の心、身体に資産(知的資産、未来の安定、掛け捨ての保険より有益)となっていきます。
ご興味のある方は、今すぐご連絡ください。
お問い合わせ

送られてきた言葉を眺め読むだけで、哲学性が思考と心を繋ぎ、有益な生き方が実践できるのはこのメルマガから。
有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-一日一言。心を磨く優しい言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.