一日一言。心を磨く優しい言葉

心の疲れ慢性化うつ病うつ症状が人間を悩ませる。

投稿日:

心の疲れと慢性化

社会が疲弊すると、国家は弱体化され、政治は自分たちを守ろうと国民に対して法規を強めます。小さなことでも、例外が許されなくなって、すべてを画一化します。
この世の中は、回転運動です。地球が自転と公転しているように、そこに住む人間を含むすべての生物は回転運動でエネルギー供給し生きています。

国民を法規で支配する状況は、国民に負荷がかかり、生物本来の構造と機能の回転運動で構成される運動性は抑制されます。
心の疲れはこの種です。心に法規を設けると心の回転運動が抑制されます。
社会に影響されるのが人間だと決めることも法規です。
人間を人間として縛り付けると、道徳性や観念性から離れられず、心に人間的だと法規を増やします。

それが、心の回転運動を停止し、うつ病やうつ症状が生まれ、心が苦しく感じます。心は外部の環境に大きく影響は受けないのですが、心の構造を知らないと、心は環境に関連すると考えます。

仕事でストレスがあるからだ。
仕事の人間関係でしんどくなっている。
やりたくない仕事だから心が辛いんだ。
結婚適齢期なのに結婚できてないから悩んでいるんだ。

このような影響を心は左右されず、心は独立した感情をリアルタイムにろ過させる装置機構です。
心の構造を知らないと、心の回転運動を幻想化して、心に心外のマッチしない一人歩きした心像を持つのです。
これが、心の疲れから関連する心が抱えたうつ病やうつ症状なのです。

参考記事;心の不安心の落ち込み改善女性が自立して生きるために。

心はうつ病やうつ症状を知らない

心の疲れはとても漠然としています。
とても曖昧な状態で、どこかから人間に染み付いている感じがします。人間の向かって非運動に吸引されるように離れられません。

誰もそこにいきたくないのに、吸い込まれてしまう。それがうつ病やうつ症状です。吸引は、吸われ、引き付けられています。それが心なのか分からないのに、うつ症状が出ると人間は心が病んでると思うでしょう。

そうなると、仕事が嫌になるよりも、これから仕事に行けるのかなと不安になり、仕事が続けられない働けないならお金が貰えなくなる、どうしよう、となるのです。

この記述の展開に心は関連していません。なのに、心も参加したかのように扱われ、あまりにもうつ症状がひどく、仕事が続けられない不安と生活するためのお金はどうするの?と社会が決めた基準が関連すると、心はさらに回転運動を止め、心が閉ざされ、バラバラになった錯覚が意識を奪います。

心はうつ病やうつ症状には無知である。
心は心で回転運動をし、人を感性豊かにさせる。
心とうつ病やうつ症状は関連しない。

しかし、うつ病やうつ症状を抱えると大変です。他の人には伝わりにくく、日本の社会は健全が大前提で構成され、大リーグの選手が怪我をすると故障者リストに入るように、日本の社会は病気を許さないのです。

心にうつ病やうつ症状を抱えると、社会に対する漠然とした根拠のない根拠が人間を襲います。まだそこまで進んでないのに、かなり先の将来まで心配をし、うつ病で仕事ができなくなった自分の姿が鮮明に想起されます。

これがうつ病やうつ症状の構造であります。
うつ病は心の問題だと世間は常識とし、心が弱く、心がナイーブだからやそのうち一人っ子だから、長女だから、末っ子だからなどと、うつ病の原因を固定化して環境に問題を要求するのです。

 

女性うつ病心仕事が嫌仕事の人間関係疲れ

うつ病うつ症状を治すために。心の疲労とうつ病を解明

心を理解しうつ病をうつ病でなくす

人間は不安になると原因を探すことに最もらしい答えを要求します。
うつ病で心を改善、回復させたいと思っていますので、一秒一秒その要因について考えています。

繰り返し考えるため新しい言葉を覚えるとき繰り返し見て、書いて覚えるように、うつ病を改善させようと考えます。これを反復すると、うつ病の原因が発見されるのではなく、うつ病の原因を探す行為を覚えるのです。

これが、単純に学習の基本構成です。反復して覚えていくと、無意識でできてしまう。スポーツや技術を要する教養的な活動も同じく、反復し練習します。それと同じ作用が行われ、うつ病の原因を探すことを覚え、たえずどんなときもうつ病の原因探しで、エネルギー供給のバランスが乱れ、疲れてしまいます。

うつ病とは
エネルギー供給の全身バランスの乱れからくる
うつ病は心に原因のある問題ではない
うつ病を治すには、うつ病の原因を探すことをやめる

心療内科に通い、心理的カウンセリングを受け、真面目の診断されたお薬を飲み、仕事を休職しているのなら、これは一人の人間にとって大変なことです。
しかし、ほとんどのうつ病を抱える人は、このように社会が定めるうつ病の患者さん像に縛られ、真面目に心療内科やカウンセラーで治療を受けるのに改善しません。

うつ症状はどんどんひどく感じられ、心に原因のない病名を付けられ、改善の見られない心の病を抱えるのは辛いものです。
そんな人のために、うつ病の構造や心の構造に視野を向けなければならないです。

うつ病を抱えると、心の問題で扱うことに、うつ病が治らない原因があります。かなり皮肉なことですが、構造を知らないのに内情(機能)が変わることは絶対にありえません。

うつ病やうつ症状は、心の回転運動が少し止まったときに認識してしまった不快な感覚です。
そして、不快な感覚が日常的に保持していた不安や仕事上の立ち位置、お金の不安、年齢的不安や宿命化した年齢による常識(年を重ねると心が弱くなるなどの個々が小さいときから聞かされた言葉や観念)が結び付き、心を無視して、新しい行き止まりに心を立ち上げていくのです。

心には回転運動があります。
新しい行き止まりには心はなく、勝手に決めた心の模擬は、心ではありません。そこを新しい定義上の心に向かって、うつ病患者として、心療内科は治療をしているのです。

参考記事;女性同士人間関係でうつ病に心療内科通院しても改善しない悩み。

うつ病やうつ症状を症状で抱えると、脱出できる出口の見えない迷路の入り込んだように思うでしょう。仕事でストレスを感じ、給料に合わない労働や労働時間だといつも不安との闘いです。
今にも心が壊れそうな怖さが心に針を指すみたいな痛烈な痛みが10分毎に現れます。グッと締め付けられる苦しい感じは、心臓や肺に何かが起きてるのではと自分の心に疑いをかけます。

そこから心を早く見て、早くうつ病から逃れたいとする意識が作動し、その不安と焦りが、違う行き止まりに心を擬似させてしまうのです。


本サイトは世界初の実践的哲学サイトです。
この世に哲学は古典的で前時代的に学問の領域の中にとどまっています。西暦が2017年を超えても哲学はこの世のものになっていません。

うつ病やうつ症状を抱えると女性は誰にも言わず、一人で症状を抱えます。ネットでうつ病について調べると、気楽にいこうとか、ストレスを溜めないようにと、ありきたりな情報が中心に見つかるでしょう。

うつ病やうつ症状は、心の問題ではありません。感覚情報をまとめている思考と感覚情報を感じ取り、伝達する神経系がバラバラとなって、意識の神経系が思考の一部に集まり過ぎることで起こっています。
うつ病やうつ症状は治すのではなく、哲学による本来の位置空間で定めた心に適切な刺激を入力すると、自然にバランスが取れてきます。

仕事でもあるし、仕事を辞めるとお金が心配だから、早く治したいと思って心療内科に行くと、心が原因だと認めてしまって、心は無傷なのにうつ病を患った運動の作動しない心を持ってしまい、うつ病の経歴を心に持つというレッテルを持つのです。

本サイトで哲学を持ち、うつ病を持った人間をやめ、神経系、免疫系、循環系があなたの内部で適切な運動を発動できる生物的な人になってみましょう。
心に向き合うとはこういうことなんだと思って頂けると思います。

そして、これを機に哲学を日常化できるように、手軽でコストパフォーマンスの良い哲学メルマガをご紹介します。
月額3,240円で週二回、常識や時事記事でない、哲学的介入で発生した人間から人へ脱構築した言葉をお届けします。
あなた自身本を買い、本を読む経験で何度も起こるのが買った本は最後まで読めません。本を読んでもほとんど脳に残っていないのです。脳に残らない理由は、作者が主観で記述しているからです。本サイトが運営する哲学的メルマガは作者が主観で書いたのではなく、メルマガ読者が主体となり読めるよう構成されています。しかも時間がないときに、眺め読むだけでいいのです。

有料メルマガ

有料メルマガの効果

有料メルマガの例と効果と適応事例

女性専用哲学サイト女性の心うつ病の症状を改善。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-一日一言。心を磨く優しい言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.