一日一言。心を磨く優しい言葉

選んで損しない男性のタイプとは?|時代の流れに合わせタイプを同定していく。

投稿日:

出会いがない!出会ってもどんな男性がいいか分からない。選んで損しない男性のタイプを特定。

出会いと結婚相手を求め、お見合いサイトに登録し、実際に会ってもしっくりこないで、恋愛(付き合い)にも発展しないケースが多いと聞きます。
お見合いサイトは、ビジネスモデルで考えられており、やはり利益優先のスタイルで運営していますので、個々の男性と女性に不足(不完全、未熟さ)を自分磨きとして実践させるものではないので、いざ出会う機会を作っても、今の自分だと、何も変わらないのは、自明の理であります。

女性に背負わせる、婚姻の現実。
これが男性社会の形式ばった余裕のない文化的生活観で、女性の生物的構造にまるで合わない慣例であるのです。
それでも、まだ旧式の社会は頽廃しながらも、残存しているため、女性はどんな男性を選んだらいいのか、迷うことが多いです。

女性は誰からも、婚姻(結婚)について適切な道理を聞いていません。
聞いたとしても、祖母や母親から聞く経験論から導き出されたら非哲学的な話です。
「子供を生むには、若い方がいい。」
「学歴やメジャーな(有名な)企業に就職した男性と結婚したら、給料がいいから安定した生活ができる。」

など。
ここにまったくの道理はなく、経験論だけで話を進行されるほど毒(有害、不適切、誤り)なものはありません。
女性は婚姻についての道理を、古い情報を今の婚姻制度に当てはめていて、今はともかく、これから先もっと古い情報は女性に合わなくなるのです。

そこを見誤って、真実だとするなら、女性はその選択をして、幸せ(幸福感、充実感)を得られることはありません。
それでも、社会は女性の生理(身体、身体的、心的)を理解せず、婚姻の適齢期である女性に婚姻の有無が関係ない年代の先輩は、「自分たちは、こうだったから」と高圧的に言ってきます。

絶対に信じてはいけない。
見えないことは、見えないで置いておこう。
信じることはすべて空想で、偽である。
婚姻について目上の人の意見は聞かないでおく。

女性が抱えている悩み(不満)は、出会いがない現実に変わりがありません。
以前の社会は、お見合いで同じ家柄と所得同士を故意に結び付け、より閉鎖的にして、社会に差別という要因を強めたのです。
そんなことが分かっているのに、これから先もこのまま継続すべきではありません。

では、どのような男性を選べばいいのか。
これからくる未来に合った男性はどんなタイプなのか。
時代の流れを考えて、時代に合った男性はどんな人かを検証します。

個を持ち、孤独を恐れない男性が婚姻には適任

婚姻に絞りましたが、女性の生き方は多様化しています。
男性とどんな関係にすべきかは、女性が求める想像された未来に合わせたらいいのです。

男性との関係として、

・婚姻する
・婚姻はしないけど良きパートナー
・自分磨き、知的さ磨きのための対象

過去に焦点を持った男性といても、何にもならないでしょう。
過去というのは、社会に依存し、社会に屈している二面性のある男性です。
先に出ましたので、まず絶対に選んではいけない男性が、この社会性のある男性です。
非常に社会常識からすると、パラドックス(逆説、排反、背理)ですが、社会性があるがために、新しい世界に飛び込めません。
このような男性が、これからくる時代に合わない男性です。

・選んではいけない男性

社会性のある、規範意識があって、自分は偉いと思い込んでいる男性。

この手の男性は、社会性という魔力で、女性は安心してしまう傾向があるでしょう。仮に、婚姻に発展するなら、女性の親に紹介しやすいでしょう。
しかし、社会性は旧式の価値観で、社会に権力(権威)がある間だけで、社会の構造が変わるとこの社会性は無効となるのです。

女性は、婚姻するとき、出会いとして関係が結ばれるときの条件は、好条件でスムーズに見えます。
しかし、この選択が女性が幸せ(幸福感、充実感)になれない、開始地点となるのです。

・選んだ方がいい男性

・自分に厳しい(社会に依存しない強さがある)

・仲間意識が弱く、アウトローで孤独を受け入れている。

・SNSに否定的で、特定の対象に発信し自分を満たさない。

・現状で給与を知識やスキル以上に貰っている(社会の権威や業界の力で現時点では給与が高いのは、いつか限界がくる。社会の崩壊、業界の飽和)

・人間関係の幅が狭い。横の繋がりが狭い(友人が多いと、その分だけ発想は一般化し、汎用化、コモディティーといいますが、価値がマーケットにおいて低下し、求めるられなくなる)

帰結;男性を選ぶ際、孤独であるかどうか、これが基準

男性を選ぶとき、相手の孤独さを見抜いてください。
誰にも頼らない、他の娯楽(他の対象)に頼っていないかどうかを見抜いてください。

未来を想像し、マーケットの要求に応えられるかが必須です。
そのためには、自分の時間が持てない男性は、未来像がありません。
マーケットで活躍するのは、知的さ磨きが必要ですので、自分磨き(自分を磨く)の時間が取れないのは、致命的となります。
これは、時代の時期(状況、時機)がこの展開を導かせてくれます。

友人が多く、SNSで発信の多い男性は、それだけ自分磨き以外に多忙で、未来を想像できません。
あなたを磨いてくれるのは、孤独さを持っている男性です。
良い出会いを期待しています。

 

自分磨き女性が幸せに女性が安心できる

 


本サイトは、女性のために開かれています。
女性が自分磨き、知的さ磨きをして、出会う場を提供します。
男性を少しでも入れると、古い社会の体制が侵入し、女性は自分(自己)を出力できません。

自分磨き、女性が知的さ磨きするには、哲学しかありません。

参考記事;

うつ病の女性のための哲学

自分磨きのための哲学

実践的哲学サイトコンセプト

新しい女性だけのコミュニティー|自分磨き知的さを磨き女性同士が出会う。

女性安心して生きる独自性を哲学で磨く方法。

女性専用哲学サイト女性の心うつ病の症状を改善。

女性安心して生きる独自性を哲学で磨く方法。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-一日一言。心を磨く優しい言葉

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.