年齢別 自分を変えるために

30代女性の心の悩み解決!やるべき心の疲れをスッキリ取るための秘訣。

投稿日:2017年2月20日 更新日:

30代女性には、さまざまな社会的背景と慣習に嫌でも、たとえそうはなりたくないと思っていても、どうしても気になってしまう年代です。

一番大きいのは、婚姻についてです。
友人や同僚が次々と結婚し、子供ができたという話を聞いたときには、あなた自身は人は人だと思おうとしたとしても、心は社会に他の思考から縛られているために、他の人と私は違うと思っていても、そうはいかないものですよね。

先に他の人や先輩から既成事実を突きつけられていることは、あなたはあなたで選択すべきであるのに、過去の事例に従うとよい結果が生まれるんだと、思い込んで、自分をあなたは過去に置いたままにしてしまいます。

あなたが30代に入った頃から、社会の目を気にし始めていました。
それは、20代であなたの周りにいた諸先輩方の情報を、鵜呑みにしてきたのです。

なぜそうなのか、なぜ鵜呑みにしたのかは、日本いう社会に大きな特徴があって、先輩を敬うという少しばかり東洋の儒教の心得が浸透しているからです。

20代に見た30代女性の諸事例があなたの思考に焼き付けられています。
何歳で婚姻した人は今も婚姻生活が続いているとか、もっと早く婚姻した人は夫婦仲が悪いなどと、これらは勝手に作られた既成事実なのです。

あなたの身にはまだ何も起こっていません。
30代に入っても、あなたの身には何も変わらず、毎日が繰り返されていくだけです。

20歳代からして30歳代に入ると、人の目が厳しくなっているような、そんな気がしています。
実は、この事実はまったく存在していません。
なのに、なぜそのように思ってしまうのでしょうか?

20歳代は若くて通用するという常識は誰が作ったのでしょうか?
年齢は数字となるため比較するには最適な記号です。
それだけに、20歳代から30歳代は、とても何かが変化しうるのでは?というのは、本当に幻想的なのです。

まず30歳代に入ったあなたのにお伝えできるのは、

30歳代も20歳代も何の変化もない。
そのまま気にせず、生きていることを続ける。

どうしても引っかかるのが、婚姻ですね。
婚姻は社会と親や親戚が作った古い日本の風習です。
小さく、とても狭い国家である日本は、自分たちの子孫は継承していかなければという意識がかなり強かったとされます。

他の国家から移民は来ないため、自分たちで子孫を守らなければという意識がかない強かったのです。
世界はグローバルとなって、アメリカ製のiPhoneも日本の部品が作られているように、一つの国家だけでは、物を製造できない時代です。

そんな中で、婚姻制度が昔のままのスタイルで維持することは、あり得ません。
30歳代に入ると、一番女性を取り巻く環境の変化は、婚姻ですので、その古い制度に縛られていると、物事を考える思考も停止し、婚姻どころか、これから生きていくためにも大きなロスを生みます。

30歳代のあなたに伝えたいことその2は、婚姻についてを意識の中から外してみることです。
もう既に、20歳代で婚姻した女性も同じです。
人間は一人一人固有の価値観をあなたという原始的な人という、ある種機械的にも聞こえることになりますが、男女を脱したものとするような、あなたは人としてみましょう。

そうすると、あなたがモヤモヤしていた、内側から固い殻のようなかさぶたが、剥がされるまえの、快の感覚があなたをスッキリとさせてくれるでしょう。

婚姻がゴールではない。女性は小さい頃から周りの大人に婚姻が人生の頂点の幸せだと思わされている。
婚姻を含めたうえで、今からスタートされる生きる時間のできることを考えて、それの時間設定をする。

30代女性に特に必要な自分への見直し。30代で実践しておけば、心が安定した生産的なあなた自身になるための哲学的な実践は本サイトから行なえます。
やりたいことを見つけ充実させる実践。あなただけの基礎概念を作る。

 

30代女性は今の仕事を妥協して基礎概念作りをすること

 

学校を卒業して、新卒で就職した会社で今もなお継続して働いているのなら、少しずつ役職がついてきます。

管理する立場となって、部下もでき、あなたは与えられた仕事をこなすだけでなく、会社が立てた大きな数字を追う具体的な目標の一員となっていき、あなたの力や存在はないものとされていきます。

ポストにつくということは、会社に必要とされているというよりも、会社の属性に一致した立場にいることになり、あなたが会社は欲しいのではなく、あなたの能力のみを欲しいとしているのです。

そうなると、あなたの生きている時間はあなたにとって生産的、積極的でなくなり、ポストにつくと一応それに対するポストの価値として特別に給与は与えられます。

それによって、人は生活に余裕が出たり、会社に必要とされているような錯覚に陥ってしまうことが多大に起こってしまうのです。

あなたは、今30歳代を迎え、これからの残されているあなたが所有する時間を見直し、30歳代にはこれからの時間が少し余裕を持って活用できる幅があります。

ただし、ほとんどの30歳代女性は、時間がある余裕さをいいことに、そして、人間関係にこれまでの付き合いでの友人や新しく出会った特定のグルーブによる新鮮な人たちに、もしも恵まれたなら、あなたはそうした付き合いに忙しくなるなってしまうこともあります。

一見、とても楽しいと思ってしまうのですが、それとは正反対なところで30歳代にはやるべきなのは、あなたから見た現実、世の中、未来、時間観念をまとめ、考え方をまとめる必要があります。

これは、社会活動、家族、婚姻の有無は何もそこに関わりのないあなたの生きるために唯一で固有の自己基準という基礎を作っていく最適な時期なのが、30歳代なのです。

しかし、そうは言っても、基礎概念と言っても、初めて聞く言葉だし、よく分からないからどうしていいんだろうか、っとなってしまうのは自明なことです。

その分からないという気持ちが生まれるからこそ

スリリングであり、未知な世界に突入する恐さも生まれたり、

人が持っている根本的な欲動という心のスイッチが入り、

あなたは自分の一生の時間を30歳代にして、自分の制御下のおくことができるのです。

それを得られずに、多くの女性は一生、不安を抱えたまま、生きていってしまうのです。

30歳代でやるべきうちに、あなたは自分で自分を見つめ、基礎概念を立てれたらなら、他の女性より自然体で、一歩前に立つことができて、その場所にあなたは、他の女性よりも位置は前にいるのに、その姿は憧れるような、決して競争し合うのではない、魅力的な女性の生き方となるのです。

30代女性が作る基礎概念で変わること

 

30歳代で基礎概念を作ることの利点は、まだ時間的に社会の責任を抱えすぎていない状態で取り組むことができる、それはどのような意味であるのかというと、社会の価値観が30歳代女性は経験の時間が短いため、スムーズに基礎概念に取り組むことができるのです。

ということは、

社会の価値観は、これから作る基礎概念には合っていないとなることが分かります。

30歳代から40歳代に突入していくと、脳や神経の機能レベルはさておいて、経験の時間が長くなるほど、その社会での価値観を受ける時間は繰り返されるわけですので、それだけ反復された頻度というのは、神経に刻まれる残っていきます。

本質的に、30歳代と40歳代には違いはまったくありません。
そこに社会が定めた婚姻制度が介入することで、あなた自身はそれにペースを奪われ、年齢って人生にとって重要だと思う価値観が出てきてしまいます。

それは、真なるものでなく、断片化を正当化した、真実のあなたの自己を喪失させ、私たちの制御不可能な状態で、社会の一員として、作られた人間に屈するだけとなるのです。

30歳代でやるべきこと

社会の経験が少ないうちに

あなたの基礎概念を作る作業に入ります。

その方法は、本サイトにて、さまざまな個々の状況やこれからの欲求に合わせて、カスタマイズできる選択ができ、一生困らない基礎概念作成のお手伝いをさせて頂きます。

女性が前向きになれず、いつも同じ思考に陥り悩まされるのは、心の疲れが原因だった。この記事をお読みくださいね。疲れが溜まってどうしようもなく心が落ち込む。女性の心が楽になる心理学から哲学へ。

まとめ、30歳代女性がやるべきこと、それは未来への準備

 

30歳代女性は、先ほど申し上げましたが、社会に合わせる時間がまだ短いため、その分、素直に自分のこれからを考えていくには、最適な時期となります。

そうはいっても、女性にはこれからの不安がいつも心の適切な自由な運動を妨げるほどに、騒音のように、音のバランスの構造の和音以外の乱れたノイズが心の今を失わせいます。

30歳代。

この記事をお読み頂くと、本音の気持ちにたどり着くことが今できています。
婚姻は、自分では制御できない多様な要因があります。
やはり、他の男性と出会って、一緒になるなどとは、偶然性と運命性が同時に作用しなければ、そう簡単なことではありません。

仮に婚姻できている人でも、それが良かったのかどうかを問うことはできません。
それぐらい、婚姻を目標にするのは、決して適切ではありません。
それを思うほど、超越された見えない大きな世界に白馬の王子様シンドロームになってしまって、現実がいつも浮遊された、足元の大地のない不安定な状態になるため、心身状態はうまく循環しなくなります。

婚姻を考えないで、これからのことを考えて見ましょう。

良いですか?
婚姻しないなら、自分で生活しなければならないから、そうなれば働き続けないといけないと、考えることも、婚姻のことを考えているから、そう思っていることにも同じなんですよ。
そこに気づけるのかどうかかが、30歳代を有効に生きられ、時間を生産的に活用できるのかが決定します。

婚姻について考えから外すこと、あなたに合った基礎概念を構築するには、何もかもをクリアにし、クリーンにしなければいけないのです。

30歳代にできることとは、

社会にあなた自身の価値観を奪われないようにするために、新しい独自の考え方を素直に導き出せる、適切な時期となります。

あなたは、学生時代から、今に至るまで、社会の均一化されたフォーマットで真面目に生きてきました。
今日までは、その真面目さがあなたの人間の履歴書として、プラスの方向に向かって生きました。

これからは、大きな組織が世界の時流のマーケットの極端な変化に対応できなくなっていきます。
その展開に合わせて、日本の大きな組織も解体され、今の仕事がこれからもあるという保証はまったくありません。

その事実は、これから徐々に起こってきます。
30歳代の女性は、会社の諸先輩を見て、その人の生き方や考え方は絶対に真似はしないでください。
目の前にいる実在した人であるため、リアルに証明されているように、またその人たちもそうなって欲しいと思っていたりするため、それが正しい生きる選択ではないのかなと思うのが、必然です。

その現象には、現代の心理学や自己啓発にも盛んに行われている原因と結果の法則のように、それらは因果関係があるように見えてしまいます。

そのような先入観を停止させることも、30歳代女性がしなければならない準備となるのです。

30歳代女性がやるべきこれからの準備

・諸先輩を見て、あなたの思考を支配する価値観を止める。

・今の会社にずっといることを意識から外す。その逆も同じで、今の会社をやめたい気持ちもいつまでも引っ張らない。

・仕事は仕事と割り切り、この5年はこれからの心の安定のために基礎概念を構築する時期だと考える。

・交友関係は最小限にし、新しい出会いによる期待をしない。あなたが基礎概念を作った後なら、今では想像もできない人たちと出会い、あなたを高める仲間は簡単にできる。

このように、基礎概念に関して、邪魔になることをやめていく時間をたくさん取って頂きたいと思います。
それが、30歳代女性にやるべき悩みを解決するための実践であり、それらはすべて準備というスタイルになっています。

 

30歳代女性が悩みを解決して、やれることを見つける

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-年齢別 自分を変えるために

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.