美意識で自分磨き

女性の内面を磨く美学を知る|失敗しては省察し思考しては失敗し哲学をし女性の美学にする

投稿日:

女性の内面を磨くための美学。成功ではく失敗を反復する。女性は能動態となり美学が確立される

女性が社会での立場としては仕事をし、管理職に就く女性も増えているなかで、だったら女性は本当に幸せなのかというと、幸せを抱く女性はほとんどいません。
仕事に就き、お金を得て、ファッションやスタイルを磨き、女性の美意識は以前の女性がまだ社会に進出していなかったころより、今のほうが美しさを女性は感じているのかというと、まったくといっていいほどそうではありません。
社会に出ていなかった状況では、社会に出ていない女性自身の立場というものが、自己喪失や自己不信となっていき、それが抑圧となり、エネルギー供給はリビドーという反転された方向に向かい、そこで他の事物と強く結びつき、もともとの抑圧が何であるのか見えなくなるぐらいに、そこで出会った他の事物に依存します。

社会に出ていない経験をした女性は、次世代にさも継承されることが人間の本質を説くかのように、社会に進出する立場におかれるとそれが実質の社会人としての、正常な成人が行動する最低限なことだと、それを欲望と知覚が繋がりあわないもともとの基底には非運動のピン留めがなされ、よそ見をしている。そんな二面性を女性は背負わされ、女性は一度手に入れた社会の共有性を継続しようとして、女性の心は疲れ、女性は身体の知覚が弱まり、かつ外部の男性社会がお金目的のために女性を商品にした偽装された美学で、運動や食事制限をさせられ、女性は身体にも疲労を抱え、その重い身体感覚を解放できずに、女性は疲れはて、女性は非常に行き場を失っています。

関連記事;女性生き方の見直し|眺め読むだけで女性が知的になれる女性のための哲学

未来に求められる女性が欲しがってる愛の本当の形とは?

女性を磨くには、哲学から立ち上げた美学がいる。

女性を磨くことによってーこれは女性自身でも容易に気づき、その感覚は興奮する生きる歓喜となるものーそして女性が得られるのは、今生きている設定とはまったく反対側に位置する自然体というスタイルです。
最初の諸問題を見つめ、それに思考の元素である運動性を与えて、問題という事物とすれば、問題は未来に向かえず問題は過去に解答を求める非運動が起こることになるのが、女性が自分のことを問題の塊だと思い込んでいるからですが、そこに運動を与える。運動とは問うという身体が潜在的に持つ欲動と女性がたえず欲してる知的作用、これを知的欲求が起こっている運動となりますが、これらの欲動と知的欲求を結びつけると、これまでは問題と思っていた悲観的で否定的だった宿命と化していたものが、運動を起こす。ここから問題は問題ではなくなり、テーゼとなります。
このテーゼとは、命題という表記が付加され、日本語で書いてしまうと、重々しい意味が想起されるため、テーゼのまま言語を記号として扱うのが適切です。

女性が自分を磨くことで、女性がそれまで抱えていた問題がテーゼとなって、女性の内面で動こうとは思っていない固定された宿命と運命の神秘性の誘惑が解体され、そこを強固に結束していたエロティシズムという解体、破壊的欲求が作動し、女性の内面に記されている本当の自己とのわだかまりが消えるのです。
ここで分かることは、女性は自分を探しに出たまま、途中で見えた広大な世界に恐れてしまい、それまではエロティシズムによって生きてきた痕跡を次世代の他者または、多種の生物が女性が残した足跡が消失することを知り、そこまでも想像して興奮してきました。
これが根本的な生きるエネルギーであり、女性が自己を探しに行くと決めた後すぐには、エロティシズムは全開でした。
性的なものがここではエロティシズムに内在され、男女の関係性による強い社会性はまだ未発達でした。
しかし、未発達というと多くの女性がそのように思うことがある、それは未発達というと、まだ大人ではないため、これは羞恥だと思っていく習性が、女性のなかでどこかから出てきてしまうのです。
羞恥というものは感覚的なことではなく、現代を生きてきた女性なら、どこから羞恥を見つめてもそれは問題にしか見えないと解釈されますが、これは感覚的ではなく、観念的なことだったのです。
女性はこの世に生まれてきて、生きてきた出来事は時間の前進していく物理的な流動性に過去というピン留めをしていき、そこで出会ったある感覚、それが一つの関心事となっていき、女性の内面の一部なのか、全部なのか分からないぐらい広いところに表出してきて、女性はそこにテーゼではなく、問題としていったのです。
女性が小さかった頃に出会った大きな波は、それまで見えていた外界のなんらか作用は視覚という眼球運動で捉え、視野として理解していたのは、外界というのはいくぶん、動くということが起こるものなんだ、ということでした。それは、同じ運動であっても外界ではなく、内面である運動は女性が小さかった頃、どこを探しても探したせなというある意味、そのときの精神はまだ白紙の状態であったため、驚異であり、女性は自己に対して壮大な手に負えないものという前提を作っていきました。いきなりテーゼにして、女性の美しさの構成要素である哲学性を内在させた美学を女性は身体内のすべて持ってきました。

その美学を自分の生きることの領域に取り入れるには、身体の内部の運動という実際の動きというひとつひとつが重なりあっている差異を感じ取るのです。
言語が立ち入らせない領域であり、他者は侵入することを許されない空間。しかし、あなたの身体には世界中のどんな学者であっても、どんな実験で研究しても最終審級までは絶対に届くことはありません。そこには世界を世界でなくし、大地に立っている一体の人間ではない女性の姿、えもいわれぬ華麗で、可憐で、とってもかわいらしい様相と表情、けっして多くを語らないで、知らないことがあると、すぐに自分に自信がなくなって、それを隠そうとしてしまう態度だ出てしまう、女性のあなたがいます。
女性が生きていくには、女性のなかでの運動を感じ取る感性を磨き、たどり着く事はないと理解したうえでの、言語による一時的介入。これは、女性があなたといういま以上の美しさを磨くためです。身体内の運動には、他者には分からない複雑な運動(科学的には複雑系といいます)はあなた独自のものです。あなたが生まれたときから母胎の時期から運動は生まれていました。表現をし続けて、今日にいたります。これから先もこの生きることの基本は変わりません。
女性は表現をいつも続けて生きてきている。美学として、女性は感性をさらに身体内の運動を感じ取るために、感性という運動をみずからの意識のなかの無意識という運動に生気をいれる必要があります。
そのようにすると、今まで感じていたけれど、それがどういうことなのかわからなかった生の感覚をありかが分かってきます。

その表出された内部での人間像というよりも身体像に切り替わり、これまで女性が自分の生の欲動について基準にしていた他者からの価値観がなくなり、女性は自分の内部運動で、自分を磨きをかけることができるようになります。
そのようになった女性は生き方をこれまでとは完全に変更し、その変化はとても面白く、ちょっとやそっとでは触れられないものとなり、触れ合えるのは思考の集合となったその女性の考えはもともと他者とあなた自身は差異があって当然のことでした。
その自己が喪失された空虚感は、どうしようもなく女性ひとりで生きていくのは不安で仕方がありませんでした。だから、どうしても、女性は女性同士、集団化して、群れを作るしか不安を抱えては生きてはいけず、女性は不安は自己内から消失したと思い込んできました。
女性は、身体内の知覚はいつも電源が入り、ゼロら一以上のラインを保っています。これは、情報を伝達する情報を他の細胞に伝達する神経系という神経線維が運動を起こす潜在力を明証しています。
女性は、女性の自己内で何かが発動し、このゼロから一の間のラインは、すぐに5から8ぐらいまでは上昇します。この数値では、いつもよりは何かが起こりそうだと女性は自分の感覚で分かる状態です。
しかし、10のラインを越えなければ、強化学習として、女性の神経系の伝達の他の伝達経路を再構築するまでには至りません。
仲の良い友人と会って、話をしたなら、この数値は一以上はまったく動かず、仲の良い友人と会って感じる心地よさは知覚から起こるのではなく、会っているという意識が認識という現実を相対化して解釈をしています。
つまり、仲の良い友人と会っても、女性は自分の生きることの主要なプロジェクトである自分の欲望知覚興奮させ、知的欲求によって幸福感充足感につながっていくという生きることのラインには到達できません。

関連記事;40代女性のための美意識を高めるには?美意識と自分磨きの構造を知る

不安なとき頑張っても仕方がない|不安の解消はオキシトシンに任せればいい

ようやくできる女性が独自に立ち上げる美学

女性が求めている生きることに対する要求とは何であるのかを、女性は独自に見つめ、考察しなければいけませんが、なにぶんそれがほとんどの女性で果たせずに、この世で生きてしまっている事実は、いかに女性の心が不安であるのかがよくわかります。
物事に価値を与えるには、その物事に定義を仮説で大地に立たせ、少しの時間、均衡(バランス)が保ててる時間内に、そこにあなた自身で概念をまとめていきます。すると、その物事は、それまでは外部の所有する価値のないものだったのが、概念にした限り、それは新しいあなた自身のものに生まれ変わっていきます。
女性には、この実践がなく、そんなことは学校教育の時間のなかでも為されたことも、教えられたこともなく、女性は生きてきました。
学校を卒業して、就職し、結婚して、いくら年齢を重ねても、物事に概念を立てるなんてことを聞く機会はありません。
おそらく、この実践的哲学のサイトで出会うまで、女性は何も生きることで価値を得られないで、年齢だけを重ねていくのです。
つまり、そのようになってしまうと、みずから思考し、行動するという連鎖運動は発動しませんので、いつまでも幸福感と充足感が到達しないラインで生きています。
女性が生きるには、生まれたあとに必然的に流れていた時間の流れに合わせるだけでは、女性にとって自己が求めている生き方はとうていできません。
多くの女性がそうであるのですが、生まれたままのリズムで生きると、どのような生きる選択であるのかというところを見つめる必要があります。
それは、設定という女性の中心におかれた神経系が構造の内部において発信する方向性であります。
生まれたまま、親のいうとおり生きる時間が始まると多くの女性は、それを常識的に、日常的に、そして女性の生きるところのまわりには、がちがちに固められた自己を喪った不甲斐ない感情を持った大人たちが、女性の想像的な反応を見ては、躾(しつけ)を好ましいような理由によって抑え込んできていたのです。

人間は最初、生まれたとき、言語を使用できないままで、二足直立で構造を活動に転換する歩行という移動行為ができないままでした。つまり、人間という表記が意味に値する道徳性を持った人間とは違い、もっとも生物的構造をありのままに表現して生まれたのです。
そのようなところから、人間は生まれつき備わった固有の性質があるから変わることはない、というこれもまたもっともらしい宿命論と科学的理論をマスメディア化した遺伝子という表記で理解した気になっている大人は、女性を自分たちと同じような思考に運動のない同一性を持たせようとしてきました。
女性は生まれてすぐに内部で発生した、強烈な出来事に誰にも分からないように、それはとてもひそひそと思いを隠すかのように、その発生した強い衝動を放っておくわけにはいきませんでした。
誰からも相手して欲しくないでいたかったのですが、周りの大人はあなたを放置することなく、余計な意味を込めた古典的な言語をなんども発した、女性はそのときから自分のなかに違和感を感じてきたのです。
ずっと、その思いは感情としては運動の起こらない不快感で、そんな感情を抱えてしまった女性は自分の意識のなかにありながら、自分では触れることができないところにあったのです。

女性であるあなたが生まれたときからしたいと思っていたことは、美学知的欲求運動させることから立ち上げるという想いでした。
生まれてすぐに内面で生じた発動は、そのころは体内で起こった感覚的な何かという感じて捉えていましたが、いきなり気づいた母胎での数ヶ月間の出来事がそのための準備期間だったのだということも、生まれてすぐに出会ったその体内の発動で分かったのです。
変化から変化、そしてまた変化をするたえまなく続いていく大地と同じ陸、海、山、そしてまた海があり、川が流れている大地のさまざまな形状の変化が、女性の体内で起こっていました。
言語表現をすると、その女性の体内で起こった出来事は、景色ということができ、まさに言語が入っていけないそのままの形態、言語が入る必要がない大地で起こる自然現象からそのような形状になっている変化の痕跡を女性は感覚的に感じ取ったのです。
女性が、やりたかったこと、それは知的欲求で自分の内部で起こっている変化に一時停止を与え、自分の現状や今の気持ち、想い、今の情動、感情を確認し、生きるという旅の準備をしたいと思い続けてきたのです。

女性幸せ 女性美学 女性美意識

 

 


本サイトは、女性が自分の知り、それまで欲求は食欲、性欲、消費欲と思われていた基準を、知的欲求に変更する目的で作られています。
どうしてこのような女性専用でしかも、今の世の中ではほとんど行なわれていない哲学を内蔵させたのか?
この問い(テーゼ)の今の段階でわかっている地点は、女性には感性という自由な神経系を持つというところからです。
しかし、その感性を生かせる環境は、現状の世の中にはありません。
目の前のことは視野によって意味づけられ、女性が今日まで与えられた教育で固められた常識は、いつも女性の内面の自由さよりも、外部にいる他者に意識を奪われる、自分を見失うのです。

本サイトでできることは、
・女性はみずから作り上げた知的欲求のよる幸福感と充足感をかたちにする

・現実でうまくいかないことから見る目を変えるために、知的欲求を刺激して、自分に自信を持って生きる

・現実に疲れ、心の疲れが取れない、心に不安がたえずあるなどの、症状を取り出し、哲学的に記述(エクリチュールといいます)を読み、女性の生き方を見直す

などです。
定期的なメルマガを申し込むもいいですし、個別に知的欲求を刺激するセッションを申し込むのもいいですし、いまよりも少し知識を増やし、自己表現をエクリチュールで発信して、自分を強くするプランを申し込むのもいいです。
本サイトは、自己を見つけ出すために、思考に運動を与える実践ができる女性専用サイトであります。
ご興味のある方は、ぜひご連絡くださいね。
お問い合わせ


本サイトのご説明をいたします。
美意識には、刺激として入力が必要だと申し上げました。
そして、入力には自分で刺激を用意しては、予期しないことでないため、それでは入力系にはならないとお伝えしました。

それを容易に叶えるのが本サイトであります。
本サイトは、女性であるあなた自身が今よりも充実感や幸福感を高め、日々が満たされるよう、そのお手伝いをさせて頂くことがビジョンです。
そのための入力を反復して頂くことが充実感や幸福感、美意識による生き方の変更、日々感じておられる仕事や人間関係などの疲れ、心に限らず身体に感じるイライラ、倦怠感、憂鬱な気持ちにも対応できるようになっています。

入力を促すには、本サイトが無料でお読み頂ける実践的哲学で構成された記事をお読みください。
これは、本来の普遍的傾向でしたら、無料でお読み頂く記事を無料にはしないほどの内容と質と量が伴っており、この記事が有料となるのですが、入力は自由にやって頂く方が適切だと考え、生の哲学を現代に合った文体で読むことができます。
これが、始原的な入力となり、何度も読んで頂きますと、入力の神経系は解放され、そのうちあなたの内部運動が持つ制御が生まれ、発散から収束され、あなたの思考の資材となります。

そこからより個別的に自分磨き、または疲れがなかなか取れない、孤独感があって、一人で過ごすことは不安や焦りが出てくる感覚がある方は、一歩進んで個別的実践的哲学に導入することをお勧めいたします。

・スタンダードメンバー;月額864円
本記事への質問し放題、月二回にあなたに合った個別的哲学のエクリチュールを提供させて頂きます。

・プレミアムメンバー;月額2,700円

あなたという一人の人を哲学により解体し、実際の未来へのビジョンや理念を立たせるお手伝いをいたします。必要に応じて、パロール(話し言葉)が必要ならオプションで実践的哲学をトレーニングしている哲学者とコミュニケーションの時間を作ります。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-美意識で自分磨き

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.