美意識で自分磨き

女性の美意識は不可知を知ると磨かれる|女性の美しさと魅惑を徹底解明

投稿日:

女性の美意識を磨く。不可知から可知へ。知らない領域に立ち入ると美しくなる。

どれだけ他者との距離を置き、あなただけの空白を持つことができるかが、美意識の構造の根本となります。
現代人として歴史区分である現代に生まれたあなたは、みんなが知っていることを常識として、なるべくそれらを知ろうとして生きてきました。
義務教育を受け、学校に行くという行動計画が、現代の無理に可知にした研究もしないで西洋でなく欧米から日本化された形式で所有権はこの国家にはない資本主義が引き起こしたのは、結局のところ貧困という朽ちた地位でした。
女性である誰もが、義務教育は最低受けなければと育ってきましたが、朝からその日一日、誰かが決めたルールに縛られました。
学校では誰かが決めた授業の時間割と内容は誰かが決めたカリキュラム。
そして学級というクラス分け。卒業しても、同級生という括りは外せず、仲間はやっぱりいいものだと思って、言い聞かせてることが、あなたには合わない生き方なのです。

仲間は大事にしなさいよと、今だに言い継がれてきていますが、ほとんどの女性は仲間としても、自己を高め、この世に生産物を作れる思惟も持てていないため、一人では生きてはいけないままです。
寂しいとは言えない現代。精神的病理はすべてうつ病や適応障害などと括られ、個別的な内部運動の魅惑さは誰もが説かないままです。
正常なのか、異常なのか。社会が発展すると、公に属する方々の成果がより表意としての主観的判断と客観的判断の中点にいて、同じ世界に属している人間同士は競争し合います。
文脈としてはパラドックスに聞こえる表現をしますが、社会の発展は、つまり社会の衰退の段階に入っています。
そして、さらに社会の発展は、見た目上の個(個人)の弱体を意味しますが、実体は個の独自さを発達させるのです。
あなたには、社会と個人の差異は、今のところ見えていません。
あなたは、誰ですか?と聞かれたら、言語化するかどうかはその状況にもよりますが、日本人で女性の◯◯大学卒、現在の職業は◯◯、経歴は・・などと他者に説明する形式でさえ、誰かに教えられたり、誰かから聞いたこともないのに、そのようなパロールをしてしまうのです。
そこまで聞いてない、と言われそうですが、現代を生き、社会が規定した方向に整合させた選択は、誰もが貧困と不幸せという地点にたどり着いてしまうのです。
他者がどのようにあなたを見ているのかを推測していて、いつそのように他者からあなたについての経歴を聞かれてもいいように用意しているのです。
これは、いつでもあなたは自己という自分自身が定位できる生きることを決定できる所有する内部運動というものがあなたの手の内にありません。
これが貧困に向かってしまう要因となっていて、この貧困という意味生成は世間的に考えられている所得が少ないという意味ではなく、精神レベルにおいての貧困、これは労働に対しての対価があなたの所得でありますが、その所得の上限下限に関係なく、精神はいつも満たされない感覚があります。

あなたは精神を満たせないといつもその嫌な状態を想像しています。
満たせてないあなたは自分を省みると、虚しくなったり、嫌悪感が生まれたりするため、先行して満たせない気持ちに手を打っています。
満たさないと自分が嫌になるため、いつも労働以外の何かで満たしておきたいと思っています。
なぜ、そのように思ってしまうのかというと、そこには生まれた後から受けてきた受動態を演じて、身体を装着としてイメージできないで生きてきてしまった経験が、あなたが生きることの見方が内部より外部に向けていきました。
習慣というワンパターンの反復された行動が何もないと飽きる不可知なものに意識を奪われていきました。
これは、受動態に先行して自己内の行動の方向性に接続する固定された基準ですが、生きていき、心理学的発達理論では物心がついたといわれる世代に入る前に抑止しなければならない項目でした。
これは、誰もが普遍的な人間らしい習慣だと思い違えるなどと該当する人はいないです。周囲の人たちがみんなそうやって同じ習慣を取っているのだからそうであると判断します。
そのように他者に他者が影響され、受動態には哲学性が生存できる空白はありません。受動態というと身体は幻想的で超越的、神秘的、霊的な位置に置かれ、身体知覚は未発達です。
少しでも、女性の魅惑が無意識の領野に繰り広げられる自己の外延は、他者から美しいとも言語によって表現させないぐらいの美しさです。
その魅惑をあなたは生まれてから今まで、受動態の設定を切り替えないで生きてきました。あなたに出会うと、すぐに分かります。
内在された美しさが、ほとんど輝いていないなって。

関連記事;女性心の疲れなんとか取りたい|ずっと心が病んでいて癒して欲しい女性の本心。

女性が好きになる哲学は神経系の興奮で性格が変えることができる

女性の美意識は受動態から能動態へのスイッチで輝きはじめる

外部で決められた規則は、女性の輝きをやめていく要因となるのですが、発育から発達、小学生から義務教育が始まり、いつもどんな状況でも自分で自分の時間を所有してきていません。
受動態に設定されたのが、あまりにも幼い頃で、そのあたりにいる大人は体付きが子供よりは大きく、子供よりは言語が巧みであるという根拠だけで、子供は弱者として見なされます。
子供は大人に従うことを、大人の顔色がちょっとした子供の無の生の欲動を出力したら、精神が安定していない反知性の大人たちは心が動揺し、あなたをにらみつけてきました。
最初は、無の内面的作用で懐疑していたのですが、そのうち身体の中の全細胞の反復は、外部の規則に適合されてしまい、一週間のうち五日が朝から晩まで外部で決められたワンパターンがあなたの美意識をなくしてきたのです。

あなたは女性の輝きを自己内でまだ立たせていません。ということは、あなたの中に輝くという内部での細胞の限界点を超える興奮中枢は内面から溢れていく知覚がないわけです。
そのような感覚か分からないから、あなたは自己の感覚で自分を知るのではなく、その感覚は生きることの大きな手がかりになるために、内部で探しようのない手がかりは、目で見えるところに意識の大半がもっていかれ、情報として入ってきたそれらの視覚的情報は、外部に頼らざるを得ないことに発展してしまっています。
視覚的情報というのは、長い間西洋で使用された信仰による自己の消滅であり、そのなかでもそれを象徴とするものとして、西洋で古代に建築されたバロック形式の教会などです。
教会を建築してのは、そのころ民間企業というものは存在しておらず、すべては貴族側の支配層が計画し、今と違って民主主義という思想が誕生していなかったため、ほんの一部の人間が関わって、大半の一般の人を支配する構成でした。

そのころ、人間は自己という自分というものを持って生きていなかったのです。
まだ未発達で、権威を持つ支配層が強かったのですが、それが現在は国家というものが誕生し、ひとりずつの個は社会上は国籍や戸籍として各行政に申請はされています。これは手続き上の部分であるため、それがあるから女性の生き方が向上するのか、あなた自身が幸せに生きているのかは、そこにまったく関わらない事象であることも分かります。
女性であるあなた自身が、何を目標にして、何を歓喜の対象とするのかは、社会が定めている義務教育であっても教えてくれません。
女性が欲してるかたちは実際には、目には見えない感覚的な心象が関わっている心地よさ、寂しさを一時的に満たすような自己内での内部運動などです。しかし、そうはいっても、女性が今日まで生きてきていても、自己内での自分というものを発達させてこれた経験はほとんどないです。それは、外部の象徴とされた華やかなブランディングなるアイテム、または誰もが知るような場所に帰属すれば幸せになれるのかといえば、そうでもないというどころか、ほとんどそこは関与しないといってもおかしくない。

女性はいつも自分の居場所をどんなかたちでもいいから、なるべく早く欲しいと衝動的にも思っていますが、それでも偽りの心のない他者が欲しいとは思えるはずはありません。いつも、女性は感性を磨き、ここでの感性というのは、現代が創出したビジネスが関連するデザイン、インテリアでの感性ではなく、感性の原感覚の自分がもし人間という社会が定めた潤いのある有機質ではなく、自己内から外部に出力され目に見えると化される前段階の、目には見えないけど、感性のなかの感覚という内部運動では女性自身は知っているという感性です。
誰ともやり取りができない感性は体内での自己内の運動で省みる作用と反作用の反復と持続が交互運動で行われます。

この体内の運動の運動の種別は、受動態か能動態かのテーゼは、どちらかの運営形式であるのかどうかという段階を生みますが、それは能動態として、女性の身体と精神ともに支えています。
女性は大衆のなかでも、男性社会で過去において、身分をそれほど与えられなった時期もありました。常時、女性は新しいものに敏感で、たえずファッションにかんして意識が高いと思われていますが、本質的な根底では、まったく一致しないでいて、それは女性が求める美学と今日まで外部の世界が求めている美学は相違しているのです。
女性が今日ファッションとしてアパレルを中心とした美意識は、服装の前段階があって、それは女性のお化粧をさせる慣習は女性そのものの欲動から生まれたわけではなく、男性社会の男性の権威が作ったものであるのです。
つまり、女性は美意識を身体のクビレやお腹周りなどのボディラインを気にして食事制限をしたり、運動を行なったり、それらはファッションが起源だと思っている思考の傾向がからきています。

これらは、本当の美学ではなく、いくらその美意識に取り組んでいても、美しくなれる女性はおらず、心身ともに老廃し、慢性疲労を発症し、皮膚の褐色は悪く、新しい思考は停止することとなっていくのです。
それもすべて生きることの基底にある身体というものが、女性らしさという観念にとりつかれているからであり、身体を無規定にどこに向かっていくのか分からない装置を考えればいいのですが、そのようになれば女性が生きることで生まれる美学が知的な思考の運動で出てきます。
そして、そのようになるには、女性の生き方を変えなければならず、これは一見複雑な様相が想定されそうですが、けっしてそうではなく、受動態で生きていたのを、能動態で生きる設定に変更すればいいのです。

受動態から能動態への切り替えは、哲学的に自分の心を省察する

女性が自分を見つめるとき、どのように見つめるのかというと、周囲にいる他者である女性を見て、自分との差異がないかどうかに由来しています。
女性は自分自身がなく、日本民族の特徴でもあります横並びが一番快適な居場所だと断定する思考をとめたままにされた西洋から輸入してきた一部の非ー哲学から自己に暗示をかけ、みんなと一緒が一番幸せではないのかという価値観を持っています。
これでは、女性は女性として生きることはできず、ずっと追い求めてる幸せの縛られ、女性は作り笑いから、結局のところ、他者の女性といがみ合うことにもなりかねない真相で生きています。

あなた自身について、哲学的に見てみましょう。
哲学的というのは、まずは好きなように自分に問いかけてみることを実行してみましょう。
これまでのあなたは、自分を見ないで、周りの同じ女性ばかり見ていました。
そうではなく、あなた自身の幸せはそのような言語の形容で表現できることではなく、幸せではなく、幸福感という知的な作用によって、あなた自身で自分の哲学によって、概念的に作りあげなければならないのです。

関連記事;女性が自立して好きなことをして安定できる生き方ができるには。

女性が好きになる哲学は神経系の興奮で性格が変えることができる。

 


本サイトが立ち上げた新しい女性を幸福感に実践できる、西洋哲学の文献を引用したパサージュ集。

うつ病で悩む女性のホルモンバランスによる治し方|フロイトの幼児の性愛のパサージュ

女性が心の不安をなくすために|バタイユのエロティシズム、禁止と侵犯の分析のパサージュ

心イライラ解消するオキシトシンでホルモンバランスを良くする|フロイトからラカンへのパサージュ

女性が安心して生きるための哲学|本質と構造とバロックのパサージュ

本を購入することはネットから容易に行なうことができますが、その中に埋もれてる女性の知的欲求を磨くためのコンテンツ(文体)に出会えません。
そして、女性は多忙な生活を送っているのに、その中に本を探しに行き、そこから良いコンテンツに出会うまでの時間的余裕がまったくありません。
そのような事情から、現代小説のような連続性を内在させた形式に縛られたものや、すぐに結果が出るためには?のようなハウツー系に手を出してしまい、結局すぐにその本を読み終えても、知的欲求が刺激されることはほとんどありません。
本サイトはそのような事情をふまえて、コンテンツを中心に記載し、その文脈も哲学性がないものはまったく採用しておりません。
本サイトを運営する哲学性を持つ専門者が、吟味して、あなたの生きる時間を想像して選出しており、アナログで入力するため、未完成のままであります。
随時、更新させていきますので、ぜひご活用頂ければなと存じます。


本サイトのご説明をいたします。
美意識には、刺激として入力が必要だと申し上げました。
そして、入力には自分で刺激を用意しては、予期しないことでないため、それでは入力系にはならないとお伝えしました。

それを容易に叶えるのが本サイトであります。
本サイトは、女性であるあなた自身が今よりも充実感や幸福感を高め、日々が満たされるよう、そのお手伝いをさせて頂くことがビジョンです。
そのための入力を反復して頂くことが充実感や幸福感、美意識による生き方の変更、日々感じておられる仕事や人間関係などの疲れ、心に限らず身体に感じるイライラ、倦怠感、憂鬱な気持ちにも対応できるようになっています。

入力を促すには、本サイトが無料でお読み頂ける実践的哲学で構成された記事をお読みください。
これは、本来の普遍的傾向でしたら、無料でお読み頂く記事を無料にはしないほどの内容と質と量が伴っており、この記事が有料となるのですが、入力は自由にやって頂く方が適切だと考え、生の哲学を現代に合った文体で読むことができます。
これが、始原的な入力となり、何度も読んで頂きますと、入力の神経系は解放され、そのうちあなたの内部運動が持つ制御が生まれ、発散から収束され、あなたの思考の資材となります。

そこからより個別的に自分磨き、または疲れがなかなか取れない、孤独感があって、一人で過ごすことは不安や焦りが出てくる感覚がある方は、一歩進んで個別的実践的哲学に導入することをお勧めいたします。

・スタンダードメンバー;月額864円
本記事への質問し放題、月二回にあなたに合った個別的哲学のエクリチュールを提供させて頂きます。

・プレミアムメンバー;月額2,700円

あなたという一人の人を哲学により解体し、実際の未来へのビジョンや理念を立たせるお手伝いをいたします。必要に応じて、パロール(話し言葉)が必要ならオプションで実践的哲学をトレーニングしている哲学者とコミュニケーションの時間を作ります。

ご興味のある方はぜひご連絡お待ちしております。
お問い合わせ

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-美意識で自分磨き

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.