美意識で自分磨き

やりたいこととやりたくないけどお金が貰える仕事を続けたときの運命の差異。

投稿日:

女性が未来に主軸となる。その前に今の社会を遠近法を使って眺めてみよう。

 

女性の哲学 女性の生き方 女性の本音

あなたは世の中について、ほとんどのことを知らないで生きています。でも、あなたは少しのことは知っています。そのこととは、誰かに聞いた言葉をあなたの中で復唱して、自分に納得のいくように解釈を変えているあなたが生きやすくなるための言語を通した表現になっています。
ということは、あなたは人から聞いた言葉を自分なりに解釈して、社会から統一された法規と常識を含む抽象化にして、あなたはようやく納得できました。

そのような言葉、ここからは哲学性を交えた文脈にさせて頂くため、言葉ではなく言語と表現いたしますが、抽象化された言語は、あなたにどれほどの生きることへの励みとなり、あなた自身に合った言語となっているのでしょうか?

本記事の命題は、「やりたいこととやりたくないけどお金が貰える仕事を続けたときの運命の差異」とさせて頂きました。
この言語の配列を見て、どのように感じますか?
この言語には、哲学を導き出すための素材がたくさん含有し、分解されていない状態で、一応外部で言語として理解される文脈であれば、言語としては総体(全体)が組織化されていることを現しています。

この命題をお読み頂き、一応意味が解釈できるかもしれないというのは、総体が完成され、それは他者を通じて、発信された言語は内部に入力されることで、意味が介入させている構造になっています。
つまり、完成や了解させた物事は全体で一つを所持しているので、斬新な哲学性をあなたがお持ちであるなら、そのまま総体から脱構築という微分積分の段階付けで解体できることもありますが、哲学でさえ現在のあなたの日常にあるわけではないので、なかなか簡単にはいきません。
あなたがいつも物事として見ているのは、個別ではなく、総体で見ています。
あるお店に行ったとしますと、そこで働いているスタッフの方々はそこのお店で働く人たちという総体での見方としています。
そして、そのお店に来ているお客さんはそのお店で来られたお客さんという見方です。
哲学性を磨いたなら、この総体が素直なあなたの身体内部に連関する神経系の作用で脱構築ができます。
この脱構築ができたなら、何が良いメリットがあるのでしょうか?

哲学性により脱構築;総体から要素の分解でき、女性の美意識の高まりとなる。

この命題の意味を問わずに、そのままの言語を追い、感じ取ったイメージや感覚をそのままの感覚のまま生かし、無意識的作用の任せる段階で見えた感覚が、あなたにとっての哲学性となるのです。

この哲学性は、あなたにとってこれからの生きていく時間、生活、活動に何の影響があるのでしょうか?
どうして言語の意味をそのままにして解釈することを、避けようとしているのでしょうか?

このことについては、本記事をお読み頂くと、徐々にお気づきになられるかと予期しています。
今は、あえてこのことについては、後回しにして、本記事の命題である「やりたいこととやりたくないけどお金が貰える仕事を続けたときの運命の差異。」を見ていこうと考えています。

二つの対立命題。やりたいこと、やりたくないけどお金が貰える仕事。どちらを選択すればいいのか。

この命題は、常識について問いを与えているところがあって、あなたがどのように考えているのかを知りたいのですが、これはあなたにお聞きする前から、解答はこちらには得られていると言っても不適切でないぐらいの事象であります。
世間の大半は、他者の情報を通じて自分の生き方を定めています。周囲にいる他者が何を思っているのかを少し聞けば、現状の常識がどうなっているのかは、ある程度推測することができます。常識を見れば、総体について、世間が総体を哲学性なしにどういった見方をしているのかを分かることがこの世の中の現状にはたくさんあるのです。
常識というのは、何を通じて分かるのかというと、それは本記事でたくさん配列しているように言語を通じて得られています。

この命題の常識は、後者であります、やりたくないけどお金が貰える仕事が常識となり、ほとんどの人は総体とされてしまった常識は、解体不可能となってます。
これは、因果関係が強く縛りをかけ、解体不可能となってしまっています。
ここで、あなたが知らない世界のルールをお伝えします。ここで挙げましたルールと言われるものは、一般的に守らないと罰せられるルールではなく、世界が運動(動き、流動)することを成立させるために私たちが生まれる前の世界からあったとされるルール、これは諸要素と言います。
少しこの文脈では、あなた自身に注意して頂きたいのは、西洋哲学が長い年月を経て、誤謬を繰り返してしまったことを振り返るにはとても良い文脈で、生まれる前というのは、人間が誕生しなかったときの自然がそこにあった時期のことを言います。
西洋哲学は、多くの哲学者が人間を解き、過去の著名な哲学者の書物を解析しては、自分の概念を立ち上がらせる実践に挑戦してきました。
そこで問題となっていたのが、人間の思考や思想はいつから生まれたのかというもので、その頃は、私たち日本人と違ってキリスト教という外部の自我が置かれた空間に神という絶対的存在がいたのです。
西洋哲学は、時代が進行するにつれ、その時間経過の分だけ哲学的概念はたくさん生まれました。世界、未来、人間、愛、平和を解くには十分なほどに、新しく生まれ変わった概念は生まれてきました。
しかし、ある点において、乗り越えられなかった次元があったのですが、それが人間が生まれる前に人間はどうなっていたのか、つまり私たちが知らなかった時期の事象についてでした。
その時期に、神がいたなら、神が人間を創造したとされるキリスト教的神的概念は、人間が生まれる前から何かを考え、神という外部要因を通じていたのではないかとする概念です。
それらを、西洋哲学では、アプリオリ(先験的、先天的、超越的)と表現され、古代ギリシャから19世紀後半まで、この概念は乗り越えられずに残されてきました。

あなたが考える仕事の観点;アプリオリに従っている支配がどこかにある。実践的哲学であなたの内部の支配を探求しにいく。

 

総体を哲学の中立で脱構築し要素となる

文脈は複雑な感じになっていくのは、哲学が総体を脱構築するところの次元では、分子レベルで繋がりと離開が不規則な自然の運動で行われているからです。
分かりやすくさせて頂くと、哲学であなたの美意識が高められる、です。
脱構築で見えてきた諸要素は、要素と要素を繋げたり、また引き離したりして、そこに空白という何も起こらない時間が生まれます。その反復が、限られた空間に向かっていく力が作用しその内部の圧力圧縮状態となって、それが本記事が提示するルール、これを秩序と呼ぶのです。

今回の命題に、今挙げました秩序を適応させていきます。
やりたいことは、現在誰もこの世では手に入れていないため、非秩序であります。すなわち、やりたいことを追求するところには、人々が関われていないため、運動が起きていない状態であり、秩序がないということとなるのです。
秩序運動等価的関係であり、その起点は欲求と生成からきています。
この欲求と生成に対応する構造的部位の表記は、欲求が神経線維が細胞と細胞を繋ぐ神経系で、生成はオキシトシンなどのホルモンとなっています。

ここで、あなたを構成する身体や感覚を伝達する経路である神経線維、感覚と感覚が神経系の作用に基づいた運動性は、これが諸要素であるのですが、この諸要素が秩序となり、あなたはいつもそこを見たことがなかったために、受容できないところがあって、あなたが立つ地点でぶつかる問題が今生じました。

やりたいことについて、あなたは想像した経験もなく、予想したこともなく、もちろん実現したこともありません。
この世の中は、秩序が作動するところにしか、生物は生きていけないと宇宙と地球は、ありのままの秩序を私たちにいつも伝えてくれているのです。
やりたいことをする、やりたいことができるのは、人が世界から求められている実感が得られる総体であるはずです。
総体というのは、あなたが外部の対象で感覚と知覚に入力できる情報です。
この総体を哲学によって、言語の潜在性によって緩みを持たせると、そこから言語が意味を付けていない空間に進入でき、本質が見えてきます。

やりたいことを求める実感よりも他者に自己の不在を隠そうとする顕示欲や他者に自分がまっとうな人生を送っていると承認されたい承認認識のために活かされ、真理はそれをあなたに要求していないのに、何を思ったのか、そこにはあなたをどこからか操作する本質とは違う悪霊のような自然から反した選択を取り、あなたは決して欲しくもないお金のために私たち人間は生きてきてしまいました。
世界が促す秩序は、アプリオリ(先験的)な人間の思惟は、生きることとは自由ではなく、困難なことの連続だよ、だから社会に反してはいけないんだよ、という欲求生成の構造を無視する生き方を強いたのです。

生き物には、生を迎え入れるための準備が必要です。
あなたは今、生きている生命体を内蔵させた生物を現実界に向かって無機物を演じなければならず、手間暇がかかるのを受容したうえで、無機物から有機体と変換されます。
ここで、あなたの中にまたしてもぶつかり合いが生まれました。
これでいいのです。実践的哲学は、神経系の運動を最速にし、神経物質やホルモンの分泌を促す興奮作用を思考に働きかけるのです。
思考というのは、あなたが生きている時間空間から未来をあなたの手元に引き寄せることへの異空間を繋ぐ橋です。
思考が停止するのは、時間空間がなく、時間が過去の一部のエピソードで固まっています。そのような生き方は、未来があなたの胸の前に愛情たっぷりで可愛らしいあなたの微笑みに気づけずに、抱きしめられない悲しいことと同化します。
素敵なあなたが、思考を運動させ、神経系の興奮が高まりを見せてくれていたなら、あなたが運命の人と感じれたのに、すれ違ってしまいました。
思考が運動されていたら、運命が私たちにバランスの良い風向きを四方から螺旋状にして、心を解放し、秩序を感じて自由を得て、あなたを知り合って幸福な生きる時間が得られるはずでした。

今からでも、間に合います。
今、ぶつかった障壁は、思考の停止に運動が与えられ差異が生まれたために、あなたは違和感を感じました。
違和感は、正より負の感じが強く、ポジティブよりネガティヴ、それがあなたに気づきを生まれさせ、自分に目を向ける知覚を与えたのです。

文脈は、次回の機会に連鎖します。
実践的哲学は、思考の興奮を促し、あなたの心や全身の細胞の裂隙に濃度の高い体液で満たします。
この段階的作用が、次の展開を予期させる準備期でありまして、差異によって気づかさた展開の連鎖は、無機物から有機体にも積分されます。
時間空間も未来をあなたに近づけるためにも、思考の興奮は必ず使用しなければならないのです。

今、あなたは生きるための生を受け入れることへの準備が行われています。
すなわち、これが未来をあなたの生に接近させることとなっており、やりたいこととお金を求める非秩序を解読する準備なのです。

ここで命題を提案し直します。
やりたいことを見つけるより、お金を目的にした生き方を選ぶ非思考が横行し、エネルギー消費のない不良がバイクを暴走して、近隣住民に騒音で迷惑をかけるようなことであるのです。
現在のこの世に生きている人の生き方は、やりたいことを考えるという想像性が働かずに、生きることについてのそのままの物質レベルの現象から目的に権威を転売して、生活観が生きることに住み着いてしまっています。
このような状態では、非秩序ですので、人間が原理化した循環論で、経済学をビジネスに置き換えて、解体させる想像を抑制しています。
なぜ、そんなことをして何の意味があるのかと思ってしまうのが常識だと思ってしまうことが、秩序と生成の運動を避けさせていきます。
やりたいことにエネルギーを使用するには、そんなことは不可能だと思っている非思考を運動させなければいけないのです。

お金を得る目的で生きることは、計算式では足し算をしてどこに展開するか予測させるような微分積分でなく、次の展開がやる前から分かるという展開は、非想像で、あなたがやるべきではないのです。
これでは、あなたに美意識は台無しです。
美意識の構造は、秩序と生成の連鎖であります。
あなたから美意識がなくなったなら、あなたを求める人がこの世から失われることを明証されます。
お金を求める生き方は、掛け算である積分、割り算である微分も包摂されず、あなたは生きている時間を放置して今まで時間を無使用としてきました。
あなたが今の生活に疑いを持ち、このままで幸福になれるはずないだろうと推測できてきたのは、分かりやすい足し算ばかりをしてきて、あなたの内面が興奮しなくなり、あなたは自分で自分につまらなくなったからです。

お金が目的で仕事をしていくと、未来は見えてきません。
未来が見えなくなると、現地点が感じ取れなくなってしまい、焦りと不安の停電するぐらいの過剰な電圧が神経系の一部に発作的非運動を起こし、今にこだわります。
今というのは、足し算を反復する現地点で、足し算による現在の累計の数量が書かれていました。
これは貯金の法則、つまりお金を自分の所有感にするほど、お金の権威はあなたから生命の未来への展開を奪い、お金はなくなってしまいます。

足し算に依存すると、今を知って、次の展開を考えたとき、次の数量は足し算ですから足した分、数量が増えていくのは普遍性です。
普遍性は生命とあなたを寸断させ、普遍性は足し算により、一般化させ、今あなたが従事する仕事からやめれなくなってしまうのです。

関連記事;時代に応じて仕事は変えていくもの|やりたい仕事より求められる仕事を先読み。

女性悩みを明かして生き方と向き合ってみよう。

 

やりたいことを想像し秩序を与えよう。

運動をやりたいことに与えてみましょう。
あなたは現実の仕事を辞めたいと思っていても、覚悟を決めて辞められないのは、生活観が強く仕事と関連しているからです。

二つの選択肢があります。
一つは、お金を目的に生きると未来はあなたの手元に来ないため一つしかないあなただけのビジョンを見失います。
このことを想像すれば、生きていても面白くないと感じ、想像できたなら、お金を目的とした生き方はしなくないと感じ、そんな観念を抑制できます。

それと、生産的にまっすぐ見るという選択は、やりたいことに意識を向け、やりたいことに命を与え、想像を希望の満ちた未来にあなたが立つことです。

どちらでもいいのです。
あなたは、興奮と抑制を交互にリズミカルに運動を繰り返す生物です。
思考の停止を解除し、思考を運動させ、無機物から有機体に変換する部分にエネルギー消費と生きる実感を持っている生命装置であるのです。

 

 

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

-美意識で自分磨き

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.