知的欲求

女性にとってたえず不足している内部の運動。教育システムで抑制され、女性の感性がどこかにつながりたいと思っているその先。女性が見えないでいて、ひとりでは導きだせない到達点。この欲求が生きることを包み込む幸福感と充足感となり、生きることへの価値が高まる欲求。テーゼ、思考の緩和、脱構築、再運動の段階。実践的哲学で手に入れられる。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

投稿日:

執筆者:tak

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.