マイスター・エックハルト

マイスター・エックハルト

中世ドイツ(神聖ローマ帝国)のキリスト教神学者、神秘主義者

ドイツのチューリンゲンで生まれる。
パリ大学でマイスターの称号を受け、二度正教授として講義を行った。

エックハルトの教義

神との合一を、そして神性の無を説く

『汝の自己から離れ、神の自己に溶け込め。さすれば、汝の自己と神の自己が完全に一つの自己となる。神と共にある汝は、神がまだ存在しない存在となり、名前無き無なることを理解するであろう』

このようなネオプラトニズム(新プラトン主義)的思想が、教会軽視につながるとみなされ、異端宣言を受けることとなった。

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

投稿日:

執筆者:tak

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.