テーゼ

実践的哲学で女性の個に近づくために初期段階の自分への関わり。手段や経路であり、問いかけともいえる。実践的哲学では、言語の限界をすでに説かれた前提で開始される。テーゼにはあまり緊張を内在させず、単純なテーゼが適切。複雑なテーゼでは、言語の運動が強くなって、意味生成が行なわれ、テーゼの力に女性の心は負けてしまう。実践的哲学では、自由で、無規則で、ソフトに問いかける。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

投稿日:

執筆者:tak

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.