シュードラ

インドのヒンドゥー教における第4位のヴァルナであり、隷属民を表す。カーストの最下位に位置するが、さらにその下に不可触民がいる。
インドにおいて、シュードラは歴史的にヴェーダの儀礼祭式より排除されるなど、様々な差別待遇を受けてきた。他の宗教からヒンドゥー教に改宗した場合、改宗者は自動的にこのカーストにつくことになる。
バラモン教の聖典『リグ・ヴェーダ』では、バラモンは創造主バルマの口から、キュシャトリアは腕から、ヴァイシャは腿から、シュードラは足から生まれたとされる。;ウィキペディアより

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

投稿日:

執筆者:tak

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.