エクリチュール

エクリチュールとは?

言語学で分かったのが発話による音声から音素の至るパロール(話し言葉)に対するエクリチュールは所記と言われ、書き言葉です。
パロールは音であるために音を出力する対象が絶対に必要。
エクリチュールは書き言葉であるため、書いた主体はその場にいなくてもいい。
実践的哲学をするのはあなたが主体であるため、言語を発信する対象が主体になるのは、不適切。
つまり、入力は言語で入力しなければならないけれど、パロールでは聞き手の主体を奪い、パロールする対象に主体があり、権威的となる。
実践的哲学では、エクリチュールによって初期の関わりのきっかけにする。

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

投稿日:

執筆者:tak

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.