イスラーム神秘主義ムハンマド

イスラーム神秘主義ムハンマド

ムハンマドが『預言者』として活動を始めたのは、およそ40歳のとき。ムハンマドの一挙一動に注目が集まるようになったのは、イスラームの預言者と名乗ってからである。

・史料としてのクルアーン

クルアーンはムハンマドの同時代の史料として、もっとも信頼がおける。そのことについてはイスラーム世界の歴史家であれ、欧米の研究者であれ、基本的に異論はない。
クルアーンは彼が40歳で『預言者』となって以降、『アッラーの啓示』すなわち天使が直接運んできた『神の言葉』として弟子たちに伝え、彼らに記憶または記録させたものである。クルアーンを覚えることは、ムハンマドに従うイスラームの信徒たちにとってもっとも重要な宗教行為であった。

 

  • この記事を書いた人

tak

疲れた女性を楽にするために交流を人を気にせずに行える空間を提供したいと思い考えました。どしどし発信をお願いします。

投稿日:

執筆者:tak

Copyright© 女性の心の疲れと不安を取る励ます女性に合った哲学の実践 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.